支部規程

公益社団法人日本臨床矯正歯科医会
支部規程


第1章 総 則

(目的)
第1条 公益社団法人日本臨床矯正歯科医会(以下、「本法人」という)定款施行規則第9条の規定により本規程を定める。

(支部名称)
第2条 支部の正式名称は、「日本臨床矯正歯科医会○○支部」とする。「公益社団法人」を支部名に冠して使用してはならない。

(事業)
第3条 本法人は定款第3条の目的を達成するため、次の事業を支部において行う。

1)治療継続支援に関する事業
2)矯正歯科治療の普及・啓発に関する事業
3)緊急連絡に関する事業
4)会員の意見反映に関する事業
5)会員相互の交流に関する事業
6)その他本法人の目的達成に必要な事業


第2章 支 部

(会員構成)
第4条 支部は、本法人の正会員をもって構成する。

(会員の所属)
第5条 会員は、就業する診療所の所在する支部に所属しなければならない。
2 2ヶ所以上の診療所に就業する場合は、原則としてそのいずれの支部にも属するものとする。
3 会員が所属支部の変更を希望する場合は、会長に申し出て、理事会の承認を得なければならない。会長は会員の所属変更を支部長会に報告するものとする。

(支部構成)
第6条 全国を次の12支部に分ける。

1 北海道支部(北海道)  
2 東北支部(青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県)
3 北関東支部(栃木県、群馬県、埼玉県、茨城県)
4 千葉支部(千葉県)
5 東京支部(東京都)
6 神奈川支部(神奈川県)
7 甲信越支部(新潟県、長野県、山梨県)
8 静岡支部(静岡県)
9 東海支部(愛知県、岐阜県、三重県)   
10 近畿北陸支部(富山県、石川県、福井県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県)
11 中四国支部(岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県)
12 九州支部(福岡県、大分県、宮崎県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県)

2 支部の再編成は理事会で決議し、総会の承認を経なければならない。

(会員の義務)
第7条 会員は本規程を遵守し、支部の活動に協力しなければならない。
   
(支部長)
第8条 支部には支部長を置く。
2 支部長は、本法人役員を除き支部で選出され、任期は本法人定款第23条に準ずる。
3 任期未了で支部長を変更するときは、会長に報告し、理事会の承認を得なければならない。

(支部長の職務)
第9条 支部長は支部を代表し、次の職務を行う。

(1)支部会の招集
支部長は、年1回以上の支部会をもつものとする。

(2)緊急連絡
緊急を要する連絡事項が生じた場合、会長は支部長に通達する。支部長は速やかに支部会員にその連絡事項を伝達するものとする。支部において、緊急に連絡を要する事項が生じたときは、支部長は会長に速やかに通達するものとする。

(3)治療継続支援の実施
支部長は、治療継続支援規程に基づき、治療継続支援活動を実施する。

(4)支部長は支部長会に出席しなければならない。

(副支部長)
第10条 支部には副支部長を置き、副支部長は支部長を補佐し、支部長に事故ある時は、その職務を代行する。副支部長は支部長が選び委嘱する。任期は定款第23条に準ずる。

(支部会)
第11条 支部は、支部活動および本法人の目的達成のため、年1回以上の支部会をもつものとする。


第3章 会 計

(会計)
第12条 各支部の活動に要する経費は、支部が負担する。


第4章 規程の改廃

(規程の改廃)
第13条 この規程の改廃は、総会の議決を経なければならない。


附則

1.本会則は昭和61年11月13日より施行する。
2.本会則は平成1年11月8日より施行する。
3.本会則は平成6年4月1日より施行する。
4.本会則は平成13年4月20日より施行する。
5.本規則は平成17年6月9日より施行する。
6.本規則は平成21年6月25日より施行する。
7.本規則は平成23年4月1日より施行する。
8.本規程は平成24年11月8日より施行する。

矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更