最初に矯正歯科に相談するのは、何歳くらいがよいのですか?|矯正期間の開始・治療方法(成長期):何でも相談室:矯正歯科治療のお話|質の高い矯正治療と安心の提供に努める矯正歯科専門の開業医団体「日本臨床矯正歯科医会」

最初に矯正歯科に相談するのは、何歳くらいがよいのですか?

よくある質問と相談室

2.治療の開始時期・治療方法

Q. 最初に矯正歯科に相談するのは、何歳くらいがよいのですか?
A. 気になり始めたときに、気軽に矯正歯科へお越しください。


理想的なのは、あごが成長段階にある発育期

 口の中の状態は一人ひとりちがうため、一概に「開始は何歳から」と断定することはできません。逆にいうと矯正歯科治療はいつからでも始められるのですが、もっとも理想的なのは「あごが成長段階にある幼児期から矯正歯科医が定期的に観察していくこと」です。なぜなら、歯並びや咬み合わせの問題は、歯の土台となるあごの形や大きさと切り離せないからです。

 矯正歯科治療は「早期治療」「本格治療」に分けられます。早期治療とは、乳歯の時期や乳歯と永久歯が混じり合う時期に、あごの成長を見ながら咬み合わせやあごの成長のコントロールなどを行うもの。そして、永久歯が生えそろい、あごの骨の成長がある程度予測できたところで始めるのがマルチブラケット(歯の1本1本にブラケットを貼りつけ、ワイヤーでつないで歯並びを治療する)という矯正装置を使った本格治療です。

まずは、矯正歯科にご相談を

 当会が行った調査によると、早期治療を含め、矯正歯科治療を実際に始めた年齢でもっとも多いのは7〜8歳です。この年代は、ちょうど上下の前歯が生えかわり、将来の歯並びがある程度予測できることと、患者さんである子ども自身に治療に対する自覚が生まれることが理由として挙げられます。

 しかし、あごの骨格に問題のある受け口や開咬(かいこう)、交叉(こうさ)咬合といった不正咬合は、早めに治療したほうがよい場合もあり、ケース・バイ・ケースです。相談したからといって、その診療所で治療しなければならないことはありませんので、矯正歯科にお電話のうえ、お気軽にいらしてください。ちなみに、初診相談は予約制です。料金は全国一律ではありませんが、目安として3,000〜5,000円程度となっています。

<<前の質問へ
>>次の質問へ