子どものときから、矯正歯科治療を始めるメリットとは?

よくある質問と相談室

2.治療の開始時期・治療方法
Q. 子どものときから、矯正歯科治療を始めるメリットとは?
A. あごの成長発育が利用できるのは、子どもの時期だけです。

 矯正歯科治療は大人になってからでも受けることができますが、子どものうちに受けることによって、あごの成長発育を利用できます。

 そもそも歯並びや咬み合わせの悪さは、歯だけではなく、あご(骨格)にも問題がある場合が多いのです。しかし、成長が止まってしまった大人の場合、不正咬合は歯の移動で治すしかありません。そのため、治療効果にも限界があると言わざるを得ないのです。また、大人であきらかに骨格に問題がある場合(例えば 顎変形症など)は、外科手術を併用した矯正歯科治療が必要になってきます。

 一方、発育過程にある子どもの場合、上下のあごの成長を抑制したり、促すなどして治すことができます。要するに、歯並びと骨格の両面から治していくことが可能なわけです。
 そのため、健康な歯の抜歯をせずに不正咬合を治せる可能性も出てきます。また、使用する矯正装置も比較的シンプルなものであること、子どもはむし歯や歯周病などによる治療跡(修復物や補てつ物)が大人に比べて少ないため、矯正装置の装着が容易にできるのもメリットです。さらに、学校や近所にも矯正歯科治療中の子どもも多くなってきているため、疎外感もなく、治療になじむのも早いと思います。

 ただし、子どもの場合、本人のやる気というより親の意向で治療を始めることも多く、矯正歯科治療に前向きではないケースも考えられます。ご家族のサポートで子どものやる気を持続させてあげましょう。

<<前の質問へ
>>次の質問へ

 
 
矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. 矯正歯科治療のお話
  3. 何でも相談室
  4. 矯正期間の開始・治療方法(成長期)
  5. 子どものときから、矯正歯科治療を始めるメリットとは?