矯正装置をつけると、発音や食事がしづらいと聞きますが、どの程度でしょうか?|治療中の生活(成長期):何でも相談室:矯正歯科治療のお話|質の高い矯正治療と安心の提供に努める矯正歯科専門の開業医団体「日本臨床矯正歯科医会」

矯正装置をつけると、発音や食事がしづらいと聞きますが、どの程度でしょうか?

よくある質問と相談室

4.治療中の生活

Q. 矯正装置をつけると、発音や食事がしづらいと聞きますが、どの程度でしょうか?
A. 慣れるまでは多少気になるかもしれませんが、時間とともに気にならなくなります。


発音

 歯の表側につける矯正装置の場合は、発音にあまり影響は出ません。しかし、歯の裏側に装置をつけたり、治療終了後の歯並びの後戻りを防ぐ保定装置(リテーナー)をつけたりすると、当初、舌を歯の裏側につけて出す「サ行」や「タ行」、特に英語では「Th」などの音が出しにくくなります。ただし、これはほとんどの場合、1〜2週間も経てば慣れてきて、普通の発音ができるようになります。


食事

 装置をつけた当初は、やわらかめのものを中心に、食べものを小さく切ってゆっくりと食べましょう。装置に慣れて歯の痛みがなくなれば、ほとんどのメニューは問題ありません。

 あえて避けたほうが無難なものを挙げるとすると、粘着製のあるガムやキャラメル、お餅、お煎餅、氷、スルメ、フランスパンなどです。ただし、これらも患者さんの中には「特に問題なく食べている」という方もいらっしゃるので、個人差があります。

 また、ブラケットとワイヤーをとめる「エラスティック リガチャー」や歯を移動させるための「エラスティック モジュール」という歯科材料は通常、透明なので、食べものによっては着色してしまいます。そのため、カレーなど色の濃い食べものは通院の前日(通院の際、モジュールを取り替えるため)に食べるという方もいらっしゃいます。

エラスティックに着色しやすいもの

  • ・カレー類(ドライカレー、ハヤシライス、ケチャップライス)
  • ・トマトソース、デミグラスソース系の煮こみ料理
  • ・トマトソース系のパスタ

<<前の質問へ