矯正歯科治療と審美歯科治療は、どうちがうのでしょう?

よくある質問と相談室

1.治療先の選び方
Q. 矯正歯科治療と審美歯科治療は、どうちがうのでしょう?
A. 同じ歯科でも、治療の方法が大きく異なります。

 矯正歯科は、よくない咬み合わせや歯並びを、矯正装置をつけてゆっくりと歯を動かすことで理想的な状態に整えていく歯科治療です。患者さんの歯を生かすことを最優先するため、基本的に治療中に歯を削ることありません。

 一方、審美歯科や美容歯科と呼ばれている矯正方法は、歯を削って人工物を歯にかぶせるなどの方法で短期的に見た目をよくする方法です。よくない歯並びを早く治したいという人には期間的には適していますが、削った歯は二度と戻ってこないこと、また歯にかぶせた人工物は取り替えが必要になる場合など、治療を受ける前にきちんと理解しておくことが大切です。

<<前の質問へ
>>次の質問へ

 
 
矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. 矯正歯科治療のお話
  3. 何でも相談室
  4. 治療先の選び方(成人)
  5. 矯正歯科治療と審美歯科治療は、どうちがうのでしょう?