第8回ブレーススマイルコンテスト受賞作品発表

第8回ブレーススマイルコンテスト受賞作品発表
~最優秀賞は、山本広美さん「北アルプスをめざして!!」~

公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会

矯正歯科専門開業医の全国組織である日本臨床矯正歯科医会(会長:浅井保彦)は2012年11月、矯正歯科治療中の方を対象とした笑顔のフォトコンテスト「第8回ブレーススマイルコンテスト」の受賞作品を発表しました。
 今回は、「がんばる笑顔」をテーマに、全国の5歳から65歳までの幅広い年齢層から248作品の応募がありました。第1次選考、第2次選考と厳正な審査の結果、「最優秀賞」に輝いたのは、大阪府在住の山本広美さん(62歳)の「北アルプスをめざして!!」でした。また、「優秀賞」には、金輪智彰さん(大阪府在住)、熊谷さくらさん(北海道在住)の2作品が、そのほか「東京大会賞」として1作品が選ばれました。なお、表彰式は、2013年2月7日(木)に学術総合センター(東京都千代田区)で開催いたします。

最優秀賞『北アルプスをめざして!!』 山本 広美 さん(大阪府在住)

最優秀賞『北アルプスをめざして!!』 山本 広美 さん
【応募コメント】
60才になってから山登りを始め、身体を動かす事により、何事にも前向きに!
昨年末、矯正歯科にトライ!周りからは、今さらと思われながら、矯正の装置や、歯の微妙な変化を楽しいでいます。そして、北アルプスをめざすトレーニングをしている今日この頃です。

優秀賞『母娘でお揃い!ブレーススマイル。』 金輪 智彰 さん(大阪府在住)

優秀賞『母娘でお揃い!ブレーススマイル。』 金輪 智彰 さん
【応募コメント】
高校生の娘が先に治療を始め、どんどん揃っていくのを見て、私も「えいっ!」と始めました。
当時49歳という年齢で少なからず不安もありましたが、長年のコンプレックスだった歯が揃っていくのをみて、矯正治療を始めてよかったと思っています。娘とは痛みの相談や歯の手入れの相談など励ましあっています。心強い矯正仲間です。

優秀賞『まぶぴー』 熊谷 さくら さん(北海道在住)

優秀賞『まぶぴー』 熊谷 さくら さん
【応募コメント】
兄の運動会で撮影した写真です。まだ矯正をして1年くらいですが治療前より
かわいくなった様な・・・・親ばかです。ごめんなさい。

東京大会賞『矯正に勝つ!』 黒澤 柊子 さん(東京都在住)

東京大会賞『矯正に勝つ!』 黒澤 柊子 さん
【応募コメント】
小学校3年生から矯正をはじめました。大変なことはたくさんありましたが、その中でも空手の組手で矯正器具があたり、こわい思いもしました。
でも最後までやりとげてきれいな歯を手に入れたいです。
そして思い切り組手の試合ができるようになって優勝したいです。

第8回ブレーススマイルコンテストの概要
1 テーマ 「がんばる笑顔」
2 募集期間 2012年7月1日(日)から9月7日(金)まで
3 応募条件 応募者が矯正歯科治療中の方
4 表彰式 2013年2月7日(木)
学術総合センター(東京都千代田区)
5 応募総数 248作品
6   賞  最優秀賞1作品、優秀賞2作品、東京大会賞1作品
7 主 催 公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
8 協  賛 日本歯科矯正器材協議会
矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. 本会の活動・ニュース
  3. ブレーススマイルコンテスト
  4. 第8回ブレーススマイルコンテスト受賞作品発表