第10回「ブレーススマイルコンテスト」レポート&インタビュー

第10回「ブレーススマイルコンテスト」レポート&インタビュー 第10回「ブレーススマイルコンテスト」レポート&インタビュー

■表彰式の舞台は、名古屋国際会議場

表彰式の舞台は、名古屋国際会議場矯正歯科専門開業医の団体である公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会(以下、矯正歯科医会)が主催する「ブレスマ」こと「ブレース スマイル コンテスト」。矯正歯科治療中の方を対象とした笑顔の写真を募集するこのフォトコンテストが始まったのは、2004年の夏のこと。以来、毎年回を重ね、今年2月11日(水・祝)、名古屋国際会議場にて第10回「ブレスマ」の表彰式が行われました。

第10回という節目の式典が行われた名古屋国際会議場は、その名のとおり、国際的な学術会議やアーティストのコンサートなどが行われる複合施設。冬らしい晴天に恵まれた表彰式当日も、矯正歯科医会をはじめ、いくつかの団体が展示会やコンベンションを行っていました。

第10回「ブレーススマイルコンテスト」レポート&インタビュー

そんな同会議場の一角に用意された控室には、受賞者の皆さんが少し早めに集合。これから表彰式の流れについての説明を受け、昼食後のリハーサルを経て、午後1時30分からの本番に備えるのです。

■第10回「ブレスマ」の表彰式までの道のり

表彰式のレポートに入る前に、「ブレスマ」についてもう少しご説明しておきましょう。

「ブレスマ」には毎年、応募テーマがあり、そのテーマに沿った写真と応募コメントが選考の対象となります。第10回では「未来に輝く笑顔」というテーマのもと、下は3歳から上は65歳まで、全国の幅広い年齢層の方から379点の写真と応募コメントが事務局に寄せられました。これは一昨年の248作品、昨年の236作品を大きく上回る応募数。

昨年9月11日(木)には、そんな応募作品すべてを一堂に並べて一次審査が行われました。
主催する矯正歯科医会の先生方、そして共催の日本歯科矯正器材協議会の担当者がもっともワクワク、ドキドキするというのが、実はこの一次審査。会議室のテーブルいっぱいに並んだ患者さんの笑顔の写真を見ると、「毎年のことながら、涙が出るほど感動する」のだそうです。

特に昨年の一次審査では、
「今回は例年以上にバラエティに富んだ写真がそろいましたね」
「この笑顔、最高!」
「このコメントにぐっときますね」
......などの声が上がり、審査時間ギリギリまで熱心に作品を見入る先生たちの姿が。
甲乙つけがたい"未来に輝く笑顔"を絞り込むのは、審査する側にとって楽しくも悩ましい作業といえるのです。

第10回「ブレーススマイルコンテスト」

その後、10月に開催された日本矯正歯科学会大会の会場で二次審査を行い、ようやく「最優秀賞」、「優秀賞」、「大会賞」、そして今回は特別に「コメント賞」と「審査員特別賞」が選ばれました。


さて、時間を表彰式当日に戻しましょう。
受賞者の皆さんは昼食を済ませた後、13時から壇上でのリハーサルに臨みます。座る場所や花束を受け取るタイミングなど、細かなやりとりを重ねて本番に備えるのです。

第10回「ブレーススマイルコンテスト」

最初はちょっと緊張気味だった受賞者の皆さんも、リハーサルを終える頃には、少し和やかな表情に......。

第10回「ブレーススマイルコンテスト」表彰式さあ、いよいよ表彰式の始まりです!

★次のページでは、コメント賞・審査員特別賞・名古屋大会賞をご紹介!

next

矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. 本会の活動・ニュース
  3. トレンドウォッチ
  4. vol.12 第10回ブレスマレポート
  5. 第10回「ブレーススマイルコンテスト」レポート&インタビュー