2007年3月22日

Q3熱いお茶を飲むとワイヤーが締まる気がするのですが?(悩み相談)

形状記憶合金で作られたワイヤーは温度依存的にスプリング特性が変化します。従って、熱いお茶を飲んだ時などはワイヤーの力が強くなった(ワイヤーが締まった)感じがします。また、氷水を飲んだ時などは逆にワイヤーの力が弱くなったような感じがします。

Q2ワイヤーがささって痛いのですが?(悩み相談)

お口の中のワイヤーがささった部位に嫌気性細菌が感染して化膿すると大変です。かかりつけの矯正歯科医に診ていただいて適切な処置を受けて下さい。

Q1歯肉が腫れてきたような感じがしますが?(悩み相談)

歯肉炎の一症状だと思われます。かかりつけの矯正歯科医に診ていただいて適切な処置を受けて下さい。

Q13矯正歯科治療中に、長期の出張や海外旅行はできませんか?(治療中の日常生活)

矯正歯科治療中に、長期の出張や海外旅行に伴って治療を中断した期間だけ治療期間が長くなることを了解していただければ長期の出張や海外旅行は可能です。

Q12治療中に妊娠したらどうなりますか?(治療中の日常生活)

矯正歯科治療中に妊娠しても差し障りありません。臨月までは通常どおり治療を進め、出産後2ヶ月ぐらいから再開します。その間は、歯が移動しないようにしっかりと止めておきます。歯磨きさえ怠らなければ問題はありません。しかし、悪阻(つわり)がひどいときや体調が優れないとき、または、かかりつけの産婦人科の先生の指示で安静が必要となった場合には、矯正歯科治療を一時中断してください。出産が近づいたら矯正歯科治療より出産の準備を優先してください。出産後、母子共に落ち着いたら矯正歯科治療を再開してください。矯正歯科治療中の妊娠に際してはおおらかに考えていただくことがポイントだと思います。

Q11治療中に、結婚式当日だけ装置をはずせませんか?(治療中の日常生活)

結婚式に向けてブラケットをはずすことは可能ですが、残念ながら結婚式当日だけブラケットをはずすことはほとんど不可能です。現実的に考えてみましょう。結婚式直前は忙しくてブラケットをはずすために来院することができません。さらに結婚式直後にはほとんどの方が新婚旅行に行かれます。従って、ブラケットをはずしている期間は2~3週間位になってしまいます。この間お口の中に何も装置が入っていない状態だと歯は意図しない方向へ動いてしまうため治療にロスを生じてしまいます。
そこで、結婚式当日はブラケットをはずして、なおかつ治療のロスを防ぐためには事前に咬み合わせや歯の位置がずれないようにするために取り外し式のリテーナーを装着することをお勧めします。もちろん結婚式当日は、リテーナーをはずしていただきます。

Q10装置によっては発音が狂ってくるのでしょうか?(治療中の日常生活)

装置によっては、例えばリテーナーのような装置を装着すると発音が狂ってくることがあります。そのようなときは、サ行・タ行・ラ行などを発音練習していただければ長くても数日間で元の発音に戻ります。

Q9装置を着けることに審美的抵抗感があるのですが?(治療中の日常生活)

近年、審美性を考慮したブラケットや歯の裏側にブラケットを装着して治療を行うシステムなどがあります。詳しくは、お近くの矯正歯科を専門とする医院にご相談ください。

Q8マルチブラケット法による矯正歯科治療は痛みますか?(治療中の日常生活)

歯の移動をするためにワイヤーを歯に装着して力を加えると、すぐに歯が引っ張られたような感じがします。多くの場合、引っ張られるような感じは5~6時間程すると痛みに変わってきます。
この痛みは、物を食べるときに歯があたるときに痛む程度から何もしなくても痛む程度まで様々です。この痛みは数日間続きます。多くの患者さんは最初にワイヤーを装着した時が最も痛みを強く感じ、治療が進につれてワイヤーを装着してもだんだん痛みを感じなくなる傾向を示します。痛みの程度には個人差がありますし、また、治療に前向きかどうかでもずいぶん感じ方が変わってきます。もし、いやいや始めたとすれば痛みは倍に感じるかもしれません。矯正歯科治療に伴う痛みは、小学生の子供さんでも耐えられる程度の痛みです。ご安心ください。

Q7矯正歯科治療は痛みますか?(治療中の日常生活)

必ずしも矯正歯科治療は痛みを伴うものではありません。なぜならば、治療で使用する装置には、取り外しのできる装置のような痛みを引き起こしにくい装置とマルチブラケット装置のように比較的痛みを伴いやすい装置があります。ただし、不正咬合の成因によって治療に際して使用する装置が異なってくることをご了解ください。

Q6治療中にむし歯がみつかったらどうするのですか?(治療中の日常生活)

むし歯の治療を優先して行います。場合によっては、矯正歯科治療を一時中断してもむし歯の治療を優先して行います。

Q5治療中に虫歯になることはありませんか?(治療中の日常生活)

矯正装置を新たに着けた後には、歯磨きの仕方を指導させていただきます。場合によっては歯磨きの補助剤としてフッ素入りの歯磨き用ペーストやフッ素の洗口薬などの使用を指導させていただきます。
教わった通りに歯磨きをしていただければむし歯になることはありません。矯正歯科治療中に甘い物をだらだら食べ続けたり、歯磨きをおろそかにしている方はむし歯になってしまう可能性は高いです。

Q4矯正装置を着けて食べられないものがありますか?(治療中の日常生活)

固い食べ物(厚焼き煎餅、氷の固まり、ピーナッツ、フランスパンなど)や粘着性の高い食べ物(チューイングガム、キャラメルなど)は矯正装置を破損しやすい食べ物です。
矯正歯科治療を円滑に進めるために、それらの食べ物を控えていただく必要があります。また、丸かじり(りんごなど)や肉の固まりを食いちぎる(フライドチキンなど)の食べ方はやはり矯正装置の破損の原因となりますので、食べ物はできるだけ小さくして食べていただくことをお勧めいたします。

Q3矯正装置がはずれることはないのですか?(治療中の日常生活)

矯正装置を着ける時には必ず装置に関する説明並びに注意事項の説明をいたします。注意事項をきちっと守っていただければ矯正装置がはずれることはありませんが、装置をはずす際に歯にダメージを与えない程度の強さで接着していますので、取れる場合もあります。
もし、矯正装置がはずれてしまったらできるだけ早く矯正歯科治療を受けている先生に連絡をして指示を受けて下さい。

Q2歯磨きは面倒ですか?(治療中の日常生活)

はっきり言って面倒です。なぜならば矯正歯科治療中は、口の中に装置が入っているために食べ物が引っかかりやすくなったり汚れがたまりやすくなるからです。歯磨きにはより時間をかけて丁寧に歯磨きをしていただく必要があります。さて、矯正歯科治療を終了した患者さんや保護者の方に矯正歯科治療をして良かったことを尋ねたところ「口の中をよく観察して歯磨きをきちっとする習慣が身についた。」という答えが上位を占めました。プラス思考で矯正歯科治療に取り組まれることをお勧めします。

Q1矯正治療を開始するのに適した時期はあるのですか?(治療中の日常生活)

矯正治療を開始するのに適した時期はあります。ただし、不正咬合の原因が何であるかによって矯正治療の開始時期は異なります。例えば、上あご・下あごの骨の形や大きさの不調和が不正咬合の原因である場合や不適切な位置にある歯のためにあごの成長が阻害されたり、あるいはあごが曲がって成長してしまいそうな場合には、低年齢から矯正治療を開始することがあります。
場合によっては就学前に矯正治療を開始することもあります。アメリカ矯正歯科学会では「7歳までに歯並びと咬み合わせのチェックを!」と呼びかけています。お子さんの咬み合わせについて不安を感じたら矯正歯科を専門とする医師(私たち矯正歯科医会のリスト)にお気軽にご相談ください。

Q8保険は全くきかないときていますが?(治療期間・治療費)

そのようなことはありません。
厚生労働大臣が定める疾患(唇顎口蓋裂、第一・第二鰓弓症候群、鎖骨頭蓋異骨症、Crouzon 症候群、Treacher-Collins 症候群、Pierre Robin症候群、Down 症候群)に起因した咬合異常に対する矯正歯科治療や顎変形症(あごの骨の離断等の手術を必要とする症例に限る)の手術前後の矯正歯科治療については、指定を受けた医療機関では健康保険が適用されます。しかし、厚生労働大臣が定める疾患や顎変形症に該当しない不正咬合矯正歯科治療に関しては、健康保険適用外いわゆる「自由診療」となります。

Q7とりあえず診てもらいたいのですが、初診料はいくらですか?(治療期間・治療費)

自由診療による矯正歯科治療の初診料は各診療所によって異なりますが、初診料の目安はおおよそ数千円です。詳細は、お近くの矯正歯科を専門とする医師にお問い合わせください。
お近くの矯正歯科を専門とする医師へリンク

Q6治療費の分割払いなどは可能なのですか?(治療期間・治療費)

自由診療による矯正歯科治療にかかわる治療費の支払い方法については各診療所によって異なります。治療費の分割払いなどは可能か否かについては、お近くの矯正歯科を専門とする医師にご相談ください。
お近くの矯正歯科を専門とする医師へリンク

Q5治療費は、どのくらいかかるのですか?(治療期間・治療費)

厚生労働大臣が定める疾患(唇顎口蓋裂、第一・第二鰓弓症候群、鎖骨頭蓋異骨症、Crouzon 症候群、Treacher-Collins 症候群、Pierre Robin症候群、Down 症候群)に起因した咬合異常に対する矯正歯科治療や顎変形症(あごの骨の離断等の手術を必要とする症例に限る)の手術前後の矯正歯科治療については指定を受けた医療機関では健康保険が適用されます。
しかし、厚生労働大臣が定める疾患や顎変形症に該当しない不正咬合の矯正歯科治療に関しては、健康保険適用外いわゆる「自由診療」となります。自由診療では治療費やその支払方法などは、全て各病院や各診療所によって異なります。治療費やその支払方法などに関しては、納得ゆくまで説明を受けることをお勧めします。

Q4治療中に引っ越しなどがおきたらどうなるのでしょうか?(治療期間・治療費)

矯正歯科医会では、全国300名以上の矯正歯科を専門とする歯科医師がネットワークを作って、引っ越しに伴って転医が必要となった患者さんの矯正治療がスムーズに引き継がれるよう連携しています。引っ越しが決まりましたら早めにお知らせください。お引っ越し先に最
も近くて信頼できる矯正歯科医会のメンバーの歯科医師をご紹介いたします。引継先の歯科医師との連絡、治療方針の説明は主治医が行います。
転医に際して、お支払いいただいた治療費はそれまでの治療の進行状況に応じて精算いたします。また、海外に引っ越しされる患者さんついては、欧米を中心に世界的規模で広がるOrthodontic Directory of the Worldを通じて引継ぎの歯科医師をご紹介いたします。
もっと詳しくお知りになりたい方は、次をクリックしてください。
「円滑な治療継続のための転医」

Q3治療は、どのような手順や流れでおこなわれるのでしょうか?(治療期間・治療費)

矯正治療の流れ

Q2どのくらいの間隔で通院することになりますか?(治療期間・治療費)

矯正装置を用いてあごの成長をコントロールしたり歯を動かしている場合などは、約4週間に一度の間隔で通院していただきます。また、治療開始までの観察や歯の移動を終了した後にリテーナーを使用する保定的治療などの場合は数ヶ月に一度の間隔で通院していただきます。

Q1矯正装置をつけてスポーツや楽器の演奏はできますか?(治療期間・治療費)

基本的には可能です。ただし、激しい格闘技や一部の木管楽器・金管楽器などは不正咬合の治療に妨げとなる場合があります。具体的なことについては、お近くの矯正歯科を専門とする医院にご相談ください。

Q13矯正歯科治療は、受験勉強の妨げにならないでしょうか?(治療を受ける前に)

毎年多くの患者さんが矯正治療をしながら、中学・高校・大学受験にチャレンジしています。矯正歯科を専門とする医師よりお子さんの不正咬合についてお子さん本人並びに保護者の方が、不正咬合の程度、矯正治療開始時期、使用される可能性のある矯正装置などについて正しい情報を得たうえで、それぞれの子供さんの受験勉強の中で矯正治療をどのように捕らえるか結論を出すことが必要だと思います。また、矯正歯科を専門とする医師に『受験終
了後に矯正治療を開始することの是非』について尋ねていただくのも良い方法だと思います。

Q12子供が矯正歯科治療を受けるのを嫌がっているのですが?(治療を受ける前に)

原則として嫌がるお子さんに対して矯正治療を行うことはできません。しかし、お子さんの不正咬合についてお子さん本人が、不正咬合の程度、矯正治療開始時期、使用される可能性のある矯正装置などについて正しい情報を得るために矯正歯科を専門とする医師に相談することをお勧めします。相談の結果、医師の話を聞いて積極的に矯正治療を開始するお子さんもいます。
お子さんと矯正治療を担当する医師がお子さんの矯正治療について直接話し合うことが最も重要であると思います。

Q11金属アレルギーなのですが、矯正治療は受けられるでしょうか?(治療を受ける前に)

金属アレルギーの患者さんの矯正治療のために生体親和性の高い材料が開発されています。例えば、生体親和性の高いチタンを主成分とする装置などです。
金属アレルギーのある方の矯正治療への道は開かれています。詳細については矯正歯科を専門とする医師にご相談ください。
(私たち矯正歯科医会のリスト)

Q10妊娠しているのですが、矯正治療は受けられますか?(治療を受ける前に)

妊娠の経過そのものに問題がなければ矯正治療を受けることは可能です。でも、もしあなたが妊娠中に矯正治療を始めようとお考えでしたら、出産後体調が落ち着いてから矯正治療を開始することをお勧めします。

Q9あごの関節がガクガクしたり痛むことがあるのですが、矯正治療は受けられますか?(治療を受ける前に)

基本的に矯正治療は可能ですし、矯正治療を必要とする場合が多いと考えられます。矯正歯科を専門とする医師にご相談ください。まず、あごの関節を診察し、必要に応じて治療を行います。ただし、あごの関節がひどく痛んだりあるいはあごの関節の不具合で口が開かないような場合には、矯正治療を始める前にあごの関節を専門とする口腔外科の医師をご紹介する場合もあります。そのような場合にはあごの関節の状態が改善された後に、矯正治療を開始します。

Q8虫歯があるのですが、矯正治療は受けられるのでしょうか?(治療を受ける前に)

矯正治療前の検査、診断において、矯正歯科医は、治療前に治しておくべきむし歯、治療中の方が治しやすいむし歯、治療後、新しいかみ合わせに合った詰め物に再製した方が良い部分などの判断をします。むし歯の程度によって、抜歯部位を考慮する場合もありますので、まずは、専門医にご相談いただくのがいいと思います。ただし、お痛みがある場合は、すぐに治療を受けてください。

Q7矯正治療は、歯を抜かなければならないのでしょうか?(治療を受ける前に)

そんなことはありません。歯を抜く場合と抜かない場合があります。矯正歯科を専門とする医師は、まず歯を抜かないで矯正治療が可能である否か検討し、歯を抜かないで矯正治療が可能であると判断した場合には、歯を抜かずに矯正治療を行います。しかし、歯を抜いた方が抜かずに治療する場合よりも治療成績が良いと判断された場合には、抜歯をします。歯の数が多いよりも、少なくても良好な状態である方が、80歳90歳まで歯の健康を守っていけると判断される場合には、抜歯をお勧めします。

Q6矯正治療に向かない場合があるのでしょうか?(治療を受ける前に)

あります。それは、保護者の方が矯正治療を望んでも患者さんたる子供さんが矯正治療を拒絶された場合、あるいはむし歯になるリスクが異常に高い患者さんの場合などは一般的に矯正治療には向きません。

Q5自分の歯並びが正常かどうか、相談や検査だけでもできるのですか?(治療を受ける前に)

はい、もちろんできます。矯正歯科を専門とする医師にお気軽に相談されることをおすすめします。相談するときに矯正治療をするかどうか決める必要は全くありません。まず、抱えている不安や疑問を解決することを優先してください。(私たち矯正歯科医会のリスト)

Q450才代でも矯正治療できると聞きましたが、そんな年齢で必要な矯正治療とはなんですか?(治療を受ける前に)

歯を動かすうえで歯肉や歯槽骨(しそうこつ=歯を支える骨)などに問題がなければ50才代でも矯正治療は可能です。このような年齢でおこなう矯正治療の多くは、補綴治療(ほていちりょう=ブリッジや入れ歯によって咬み合わせを回復する治療)を行いやすくすることを目的とした矯正治療です。
一方このようなお話もあります。ご自分のお母様を介護していらっしゃる50才代の女性が「私が介護を受ける立場になったとき、このような凸凹の歯並びでは介護してくださる方に歯を磨いていただく時に失礼に当たります。」といわれて矯正治療を希望されてこられました。人生の質を問うことの重要性を教えられたエピソードです。

Q3成人矯正の対象といわれる適齢期はあるのですか?(治療を受ける前に)

適齢期は特にありません。ただし、成人の矯正治療の場合、不正咬合の他に歯周病や歯の欠損など複合的な問題を抱えていることがあるために矯正歯科を専門とする医師と他科の医師(多くの場合はかかりつけの歯科医師)と協力して患者さんにとって最善と思われる包括的な歯科治療を行います。

Q2矯正治療の開始時期は大人の歯が全部生えそろってからがよいのですか?(治療を受ける前に)

過日こんなことがありました。「この子(13才)の受け口がずっと気になっていたのですが、ちまたの噂では子供の歯が全部生え替わってから矯正治療を始めるのが良いと言われているので、子供の歯が生え替わるのを待っていました。子供の歯が全部抜けたので診ていただけませんか。」と、お母さんと子供さんが来院されました。拝見すると子供さんの上あごの骨と下あごの骨の大きさの不調和が受け口の原因であることが診てとれました。
そこで、お母さんには「子供の歯が全部生え替わってから矯正治療を始めるのが良いという噂は、適切ではありません。受け口の場合は、より治療が難しい受け口とならないために、遅くとも前歯が永久歯に生え替わった時に受け口であれば矯正歯科を専門とする医師に診ていただいたほうが良いですね。」と、お話しいたしました。
これは受け口を例にしたお話ですが、出歯、開咬、凸凹の咬み合わせについても、大人の歯が全部生えそろう前に矯正治療を開始したほうがより効果的な治療が行える場合があります。その判断には矯正治療に関する臨床経験がものをいいます。お父さん、お母さんが子供さんの歯並びや咬み合わせが気になり出したら矯正歯科を専門とする医師(私たち矯正歯科医会のリスト)に相談することをおすすめします。

Q1矯正治療を開始するのに適した時期はあるのですか?(治療を受ける前に)

矯正治療を開始するのに適した時期はあります。ただし、不正咬合の原因が何であるかによって矯正治療の開始時期は異なります。
例えば、上あご・下あごの骨の形や大きさの不調和が不正咬合の原因である場合や不適切な位置にある歯のためにあごの成長が阻害されたり、あるいはあごが曲がって成長してしまいそうな場合には、低年齢から矯正治療を開始することがあります。
場合によっては就学前に矯正治療を開始することもあります。アメリカ矯正歯科学会では「7歳までに歯並びと咬み合わせのチェックを!」と呼びかけています。お子さんの咬み合わせについて不安を感じたら矯正歯科を専門とする医師(私たち矯正歯科医会のリスト)にお気軽にご相談ください。

Q12矯正専門の歯科医院とふつうの歯科医院で矯正治療も行う所と何が違うのですか?(基本的な疑問)

矯正歯科専門の歯科医院では、歯科大学卒業後に最低でも2~3年間矯正歯科治療を専門に研修した医師が治療を行っています。このような医師は実際に治療した患者さんの数がいたために様々な問題に対応することができます。
さらに歯科衛生士や歯科助手などのスタッフも矯正歯科治療専門に従事しているために矯正歯科治療に関して適切なアドバイスを行うことができます。
以上のように矯正歯科専門の歯科医院では、矯正歯科治療に関して非常にきめ細やかな医療サービスを提供することができます。

Q11矯正歯科と審美歯科とは違うのですか?(基本的な疑問)

矯正歯科は、悪い歯並びや咬み合わせを、歯を削ることなく歯を動かすことによってきれいな歯並びと機能的な咬み合わせにする歯科治療です。
一方、審美歯科においては、歯を動かすことは治療の一手段です。他の手段としては、歯を削って人工物を歯にかぶせるなどの治療などの治療法があります。

Q10不正咬合(歯並びなど)は遺伝しますか?(基本的な疑問)

ある種の不正咬合は遺伝的要因によって形成されることがあります。
例えば、歯の大きさと歯を並べる骨の大きさの不調和が遺伝すると、親子そろって歯並びが凸凹になったりすることがあります。また、上あごの骨と下あごの骨の大きさや形の不調和が遺伝すると、親子そろって骨格的な出歯の顔立ちになったり、あるいは骨格的な受け口の顔立ちになったりすることがあります。

Q9不正咬合の予防ってあるのですか?(基本的な疑問)

不正咬合の原因は、先天的なものと後天的なものに分けられます。先天的な原因は親から譲り受けるもので、鼻が高いとか丸いとか、目が大きいとか細いとかと同じように、歯の大きさ、数、形、あごの大きさ、形が似てきます。
これは残念ながら予防できません。後天的な原因としては、指しゃぶり、口呼吸、片側だけでかむ癖、乳歯のむし歯があげられます。これらを原因とする不正咬合は予防ができます。指しゃぶりは1,2歳までは生理的なものですが、それ以降はやめるよう方向付けてあげてください。口を閉じて、鼻で息をする。両方でかむ。など、お母さんがちょっとした注意をしてあげるだけで、予防できる場合もあります。
予防できる不正咬合であるか否かは矯正歯科を専門とする医師の判断に委ねたほうが良いと思います

Q8矯正歯科専門医って?(基本的な疑問)

矯正歯科専門医は、歯科医師の免許を取得の後に大学付属矯正科に所属して矯正歯科医専門医として必要な解剖学、成長発育、あごの運動生理学などの基礎的な学問並びに不正咬合の病因論、診断学、治療学などの臨床的な学問を修め、さらに矯正歯科治療に関して豊富な臨床を積んでいます。
従って、矯正歯科専門医は矯正歯科治療に関する真のエキスパートなのです。

Q7矯正歯科を専門とする医院によって治療法に大きな違いがあるのですか?(基本的な疑問)

矯正歯科治療の目標は不正咬合を改善して患者さんにとって最も適した個性正常咬合(最も適した咬み合わせ)を付与することです。矯正治療を山登りにたとえてみましょう。個性正常咬合は目指すべき山の頂上です。
たとえ頂上までの登山ルートがいくつかに分かれていたとしても(治療法の違い)、目指す山頂(個性正常咬合)は不変なのです。治療法については相談にのっていただく医師より納得ゆくまで説明を受けることをお勧めします。

Q6矯正って、歯をうごかすのでしょう? 歯が動くって本当ですか?(基本的な疑問)

歯とその周囲の歯槽骨(しそうこつ)との間には、繊維に富んだ歯根膜(しこんまく)という組織があります。動かしたい歯に矯正装置で適度な力を加え、この歯根膜を圧迫すると、そこに骨を吸収する細胞が現れます。反対側の引っ張られる歯根膜には、骨を作るもとになる細胞ができます。
そうして歯はゆっくりと動きだすのです。
これは歯が、骨の中を通って自然に生えてくるときに起こっている変化と同じメカニズムです。 
矯正治療は、矯正技術で加える力の大きさや方向を正確に計算し、歯を無理なく自然の場所へ動かすのです。

Q5矯正歯科治療はなぜ必要なのですか?(基本的な疑問)

良い咬み合わせは、口の中を健康に保つために必要な条件のひとつです。
悪い咬み合わせ(不正咬合)を良い咬み合わせにするために矯正歯科治療が必要なのです。良い咬み合わせを獲得して虫歯や歯周炎、顎機能異常などの疾患の発現を予防してゆきしょう。

Q4悪い咬み合わせを放っておくとどうなってしまうのですか?(基本的な疑問)

悪い咬み合わせとは咬み合わせが不健康な状態にあることを意味します。
咬み合わせを不健康な状態で放っておくと虫歯、歯周病、顎関節症や顎機能異常などを起こしやすくなります。さらに、消化器官の第1段階として食物をかみ砕き、唾液中の消化酵素アミラーゼ(デンプン分解酵素)と食物をよく混ぜ合わせる機能が十分に発揮されないため胃から後の消化器官に余分な負担をかけることとなります。場合によっては、あごの正常な成長発育を障害したり、あごの形を歪めてしまうこともあります。
あるいは、「サ行」や「タ行」などの発音が不明瞭になることもあります。

Q3咬み合わせが悪い状態(不正咬合)とは、病気なのですか?(基本的な疑問)

咬み合わせが悪い状態(不正咬合)とは病気ではなく、「不健康」な状態にあることを意味します。
人生80年時代、日本歯科医師会では厚生労働省と共に「80才になっても20本の歯を残して生涯を通じて自分の歯で食事をとっていただき、よりよい人生を送っていただく(8020運動)」ことを目標に社会的な活動を行っております。
この目標達成のためには咬み合わせが健康な状態つまり正しい咬み合わせであることが必要です。

Q1.正しい咬み合わせって?(基本的な疑問)

上下の歯並びに凸凹がなくて上下の全ての歯があたかも歯車がかみ合うようにきちっと咬み合い、前歯できちっと食べ物を噛みきることができて、奥歯は食べ物を細かくすりつぶすことができる咬み合わせを正しい咬み合わせといいます。

矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. 2007年3月22日