|質の高い矯正治療と安心の提供に努める矯正歯科専門の開業医団体「日本臨床矯正歯科医会」

自立支援

自立支援医療とは
自立支援医療リスト

保険で治療可能な矯正歯科治療について

厚生労働大臣が定める疾患に起因した咬合異常(「障」と表記:注1)の矯正歯科治療と、顎変形症(顎の外科手術を要するもの)の術前,術後の矯正歯科治療(「顎」と表記)は、以下のリストにある診療所では保険適応になります。また、自立支援医療とは「唇顎口蓋裂に起因した音声・言語・そしゃく機能障害の改善に関する医療に限られる」と定義されており、更生医療(18歳以上)と育成医療(18歳以下)の担当医療機関として認可された医療機関において、1割負担で治療を受けることが可能です。
 注1.
唇顎口蓋裂
ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む.)
鎖骨・頭蓋骨異形成
クルーゾン症候群
トリーチャーコリンズ症候群
ピエールロバン症候群
ダウン症候群
ラッセルシルバー症候群
ターナー症候群
ベックウィズ・ウィードマン症候群
尖頭合指症
ロンベルグ症候群
先天性ミオパチー
顔面半側肥大症
エリス・ヴァン・クレベルト症候群
軟骨形成不全症
外胚葉異形成症
神経線維腫症
基底細胞母斑症候群
ヌーナン症候群
マルファン症候群
プラダーウィリー症候群
顔面裂
筋ジストロフィー
大理石骨病
色素失調症
口-顔-指症候群
メービウス症候群
カブキ症候群
クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
ウィリアムズ症候群
ビンダー症候群
スティックラー症候群
小舌症
頭蓋骨癒合症
骨形成不全症
口笛顔貌症候群
ルビンスタイン-ティビ症候群
常染色体欠失症候群
ラーセン症候群
濃化異骨症
6歯以上の非症候性部分性無歯症
チャージ症候群
マーシャル症候群
下垂体性小人症
ポリエックス症候群(クラインフェルター症候群)
リング18症候群
名簿左の
「障」は先天疾患の矯正歯科治療が保険で出来る診療所
「顎」は顎変形症の矯正歯科治療が保険で出来る診療所
です。

一般の方へ

この名簿内容は変わることがあります。
本名簿にて矯正歯科治療を受診される方は、必ず事前に各診療所に直接ご確認下さい。

矯正歯科医会会員へ

名簿内容に変更や訂正のある場合は、社会医療担当理事へご連絡をお願いいたします。
また、あわせて必ずご自身で会員データベースの訂正も行って下さい。
自立支援医療施設の一覧はこちらをご覧ください
顎機能診断施設の一覧はこちらをご覧ください