2015年12月 9日

第11回ブレーススマイルコンテスト受賞作品発表

2015年12月7日

第11回ブレーススマイルコンテスト受賞作品発表
~最優秀賞は、橋本 夏果さん『夏はやっぱりスイカだね~』~

公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会

 矯正歯科専門開業医の全国組織である日本臨床矯正歯科医会(会長:富永雪穂)では、矯正歯科治療中の方を対象とした笑顔のフォトコンテスト「第11回ブレーススマイルコンテスト」の受賞作品を決定しました。
 今回は、「見て!私の歯、私の笑顔」をテーマに、全国の5歳から58歳までの幅広い年齢層から402作品と多くの応募がありました。第1次選考、第2次選考と厳正な審査の結果、「最優秀賞」に輝いたのは、和歌山県在住の橋本 夏果さん(13歳)の『夏はやっぱりスイカだね~』でした。また、「優秀賞」には、 大越 咲由莉さん・仁平 奈穂さん(富山県在住)、伊野 翔真さん(長野県在住 ※「長野大会賞」同時受賞)の2作品が、そのほか「審査員特別賞」が選ばれました。なお、表彰式は、2016年2月24日(水)にホテルメトロポリタン長野(長野県長野市)で開催いたします。

最優秀賞『夏はやっぱりスイカだね~』 橋本 夏果さん(和歌山県在住)

最優秀賞『夏はやっぱりスイカだね~』 橋本 夏果さん
【応募コメント】
徐々に歯並びがきれいになり、毎日鏡をみてウットリします。治療前はなかなか笑顔になれませんでしたが、歯並びがきれいになったら自信をもって笑顔になれると思います。治療が終了する日が楽しみです。

優秀賞『いつもの笑顔』 大越 咲由莉・仁平 奈穂さん(富山県在住)

優秀賞『いつもの笑顔』 大越 咲由莉・仁平 奈穂さん
【応募コメント】
矯正治療を受けた直後は歯を見せて笑顔を作る事に多少のためらいや抵抗がありました。しかし同じ矯正治療を受けている人がとても可愛らしい魅力的な笑顔を自然と皆に見せているのを見て勇気づけられ自信を持って笑顔を見せれる事が出来ました。最近では友達に良くなってきた歯並びについて褒められるようになり矯正治療を受けて良かったと真に思いました。

優秀賞・長野大会賞『仕上げ磨きby弟』 伊野 翔真さん(長野県在住)

優秀賞・長野大会賞『仕上げ磨きby弟』 伊野 翔真さん
【応募コメント】
装置のクッションになるゴムを、毎月一回何色のゴムにするか選んでつけてもらうのが楽しみです。(今月は青です)歯磨きは大変だけど、たまに弟が仕上げ磨きを手伝ってくれるので、がんばってきれいな歯並びになりたいです!

審査員特別賞『Be Happy!~最高の笑顔を~』 横山 和也さん(大阪府在住)

審査員特別賞『Be Happy!~最高の笑顔を~』 横山 和也さん(大阪府在住)
【応募コメント】
2010年に大怪我で車椅子ユーザーになりました。障がい者となり、うつむき加減の日々でしたが、高校生時代に断念した矯正治療の再開を10年ぶりに決意し、自身の結婚式で最高の笑顔を取り戻しました。笑顔は奇跡を起こします!

第11回ブレーススマイルコンテストの概要
1 テーマ 「見て!私の歯、私の笑顔」
2 募集期間 2014年2015年6月1日(月)から9月30日(水)まで
3 応募条件 応募者が矯正歯科治療中の方
4 表彰式 2016年2月24日(水)
ホテルメトロポリタン長野(長野県長野市)
5 応募総数 402作品
6   賞  最優秀賞1作品
優秀賞2作品(うち1作品は長野大会賞同時受賞)
審査員特別賞1作品
7 主 催 公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
日本歯科矯正器材協議会

【本件に関する問い合わせ先】
公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
(広報代行)共同ピーアール株式会社 第10業務局 担当:北条、大須賀
電話 03-3571-5238  FAX 03-3571-5360
矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. 2015年12月 9日