2016年4月 5日

報道関係者の皆様へ

 公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会は、ウェブサイトや書籍の出版をとおして、矯正歯科治療のメリット・デメリットを含めた正しい情報の発信に努めています。

 また2012年度よりメディアリレーションにも力を入れ、その一環として、記者・医療ジャーナリストの皆様をお招きして記者懇談会やプレスセミナーを開催しております。

賛助会員

 公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会は正会員・準会員の他に、本会の目的に賛同し、本会の発展のため協力する法人または団体のために賛助会員の資格を設けております。

 賛助会員は本法人の大会・例会に参加できること以外に、大会開催時にブースおよび広告を出すことができ、本会からの各種情報も受け取ることができます。

 本会は公益社団法人として国民の健康増進を図るため、正しい矯正歯科治療の知識を広く社会に普及するとともに矯正歯科医療の向上を図るべく鋭意努力しております。本会の趣旨に賛同される法人または団体で、賛助会員入会をご希望の場合には、本会事務局か協力団体である日本歯科矯正器材協議会(http://www.kyouseikizai.org)にお問い合わせ下さい。

入会フォームへ

入会フォーム記入後、事務局より別途入会用紙を郵送させて頂きます。こちらをご記入・ご捺印の上、事務局までご返送ください。※お手続きの関係で、約1週間~2週間ほどのお時間をいただきます。お申し込み後、1週間経過しても何の連絡も無い場合には、担当理事までご連絡をお願いします。

矯正歯科開業医・大学矯正科の先生方へ

 公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会は、1973年に設立された歴史ある矯正歯科専門開業医の会で、より多くの人たちに、健康な歯、美しい笑顔を獲得していただけるよう、さまざまな活動を行っております。

 ご存じの通り、矯正歯科治療は予防意識の高まり、技術・材料の進歩により、広く国民に求められる歯科治療となりました。しかしその一方で、矯正歯科治療が単に美容を目的にしていると間違った認識をされていることも多いのが事実です。

 また、テレビ、週刊誌、インターネットにおいて、玉石混交の情報が多く氾濫し、安易な治療法が次々と紹介され、残念な治療結果に矯正歯科治療への信頼を失っている患者さんが少なからずいらっしゃることも非常に残念なことです。

 このような事態が見受けられる現在、矯正歯科治療に対する正しい理解を一般に広めることが急務であると思われます。こういう時期であるからこそ、矯正専門開業医が力を合わせて直面する問題点を解決し、矯正歯科治療を通して社会にますます貢献することが必要であると考えられます。

 是非とも本会の理念と活動にご賛同いただきご入会いただけますよう、ご案内申し上げます。

本会と日本学校歯科医会との関係

 本会会員は矯正歯科医ですが、日本歯科医師会の会員でもあり、地域の歯科医師会では公衆衛生事業などの活動に積極的に関与しております。また、矯正歯科治療を生業としているため成長期の児童に関わる機会が多く、会員の大半は学校歯科医として地元に密着した活動を続けております。

 日本臨床矯正歯科医会として日本学校歯科医会との関係を構築したのは、平成20年11月横浜で行われた第72回日本学校歯科保健研究大会にて、「歯並びと噛み合わせのガイドブック」の配布を始めたことに端を発します。その「ガイドブック」は、広範囲に渡る矯正歯科治療の情報、その質の高さについて、日本学校歯科医会会誌に推薦文が掲載されました。その後、このガイドブックの縮小版を製作して、配布を続けてきました。

 平成26年からは学術展示による情報発信を始めました。本会の学術研究内容を元に、第78回全国学校保健研究大会にて「上顎犬歯萌出異常による切歯歯根吸収の危険性」、第79回全国学校保健研究大会にて「上顎犬歯萌出異常による切歯歯根吸収の危険性--その臨床対応」と題して、学術展示による発表を行ってきました。平行して、東京都学校歯科医会大会にも同じ内容でポスター発表をしております。

平成28年度日本臨床矯正歯科医会 千葉大会

 平成29年2月22日、23日に第44回日本臨床矯正歯科医会千葉大会が行われます。「新しい連携の形」というテーマで、学校歯科保健に関わる専門職すなわち、学校歯科医の先生方、養護教諭の先生方との連携を強化する企画、シンポジウムを予定しています。

 ご不明の点は、お近くの本会会員にお問い合わせいただくか、あるいは本会事務局にご連絡ください。

医師・医療関係者の皆様へ

矯正歯科治療は一般的に自費診療ですが、厚生労働省が定めた特定の症状に限って健康保険が適用されます。近年、矯正歯科治療に関する保険適応が徐々に増えてきています。
しかし、このことはまだあまり周知されていません。
以下の疾患は、歯科矯正診断料算定の施設基準を満たしている医療機関にて保険診療が適応となっておりますので、患者さんへ周知にご協力いただきますよう、お願いいたします。

(適応疾患名 50 音順)
・ウイリアムズ症候群
・エリス・ヴァン・クレベルド症候群
・外胚葉異形成症
・顎変形症(注)
・カブキ症候群
・顔面半側肥大症
・顔面裂
・偽性低アルドステロン症(ゴードン症候群)
・基底細胞母斑症候群
・口-顔-指症候群
・口笛顔貌症候群
・クラインフェルター症候群
・グリコサミノグリカン代謝障害(ムコ多糖症)
・クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
・骨形成不全症
・ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む)
・鎖骨・頭蓋骨異形成症
・色素失調症
・小舌症
・唇顎口蓋裂
・神経線維腫症
・スティックラー症候群
・成長ホルモン分泌不全性低身長症
・常染色体欠失症候群
・全前脳(胞)症
・先天性ミオパチー(先天性筋ジストロフィーを含む)
・ソトス症候群
・大理石骨病
・ダウン症候群
・ターナー症候群
・チャージ症候群
・頭蓋骨癒合症(クルーゾン症候群、尖頭合指症を含む)
・トリチャーコリンズ症候群
・軟骨形成不全症
・ヌーナン症候群
・濃化異骨症
・ピエールロバン症候群
・ビンダー症候群
・プラダーウィリー症候群
・ベックウィズ・ヴィートマン症候群
・ポリエックス症候群
・マーシャル症候群
・マルファン症候群
・メービウス症候群
・ラーセン症候群
・ラッセルシルバー症候群
・ルビンスタイン-ティビ症候群
・リング18症候群
・リンパ管腫
・6歯以上の先天性部分(性)無歯症
・ロンベルグ症候群
・ほか39疾患(略)

(注)顎変形症は顎口腔機能診断料算定の施設基準も満たしている必要があります。
(平成28年4月1日時点の情報です。適応疾患に関する最新情報は日本臨床矯正歯科医会のホームページをご参照ください。)

保険周知パンフレット

矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. 2016年4月 5日