2016年10月28日

「上顎前歯が突出した小児に対する早期治療(※)」に対する本会の見解

先般「上の前歯が出ている子どもは、永久歯が生えそろうまでは、矯正歯科治療を行わないことを強く推奨します」としたガイドラインが発表されました。すでに矯正歯科治療中、あるいはこれから治療を予定されているお子様のご家族の中には混乱や不安を感じる方々もおられるようです。しかしながら、実際に日本のみならず海外でも、上顎前歯が突出した小児に対する早期矯正治療は行われており、良好な結果を得ています。そのためには矯正歯科医が充分に精査診断し、早期治療の必要性と効果を適切に診断した上で長期的な治療計画のもとに治療を行うことが重要です。

前述のガイドラインは過去に発表された上顎前突の治療に関する科学論文の医学的データを基に作成されましたが、矯正歯科の分野はデータを得るための条件の統一等が難しく、現時点では十分な根拠(ランダム化比較試験に基づくエビデンス)がないことも明らかになっています。特に日本人の研究結果を掲載した科学論文は不足しており、この状況から得られたガイドラインは、わが国の矯正歯科治療の実態にはそぐわないと考えざるを得ません。
矯正歯科治療の開始時期は矯正歯科医が患者さん一人一人の症状や心理的側面、生活背景なども見極めて個別に判断する必要があります。そのため「この症状に対してはこの時期に治療を開始しなければならない」といったことはありません。多様な病態を持つ上顎前突をひとくくりに考えずに、矯正歯科医による十分な精査・診断により、その必要性、治療開始時期が選定されるべきです。従って専門教育研修を受け、豊かな経験を有する矯正歯科医が、適切な検査の後に早期治療の必要性があると診断し、十分な説明と患者と保護者の同意を得た上で行うのであれば、上顎前歯が突出した小児に対する早期矯正治療を行うことに問題はないと考えています。
一方、巷で行われている「早期治療」と称されるものには残念ながら十分な検査や矯正歯科医による診断、長期的な治療計画に基づかないものも見受けられます。現在受けられている治療の必要性と治療開始時期等に関して不安を感じている皆様には、本会会員をはじめとする矯正歯科専門開業医あるいは大学病院矯正歯科でのご相談をお勧めいたします。

※早期治療:乳歯の時期や乳歯と永久歯が混じり合う時期に、あごの成長を見ながら咬み合わせやあごの成長のコントロールなどを行う矯正歯科治療。

2016年10月24日

第12回「ブレスマ」入賞作品発表

「第12回ブレーススマイルコンテスト」最終選考投票期間は終了いたしました。
最終選考へのご協力、ありがとうございました。

矯正歯科治療中の方を対象にした笑顔のフォトコンテスト「第12回 ブレース スマイル コンテスト」(主催:公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会、日本歯科矯正器材協議会)の受賞作品が決定しました。

本コンテストは、矯正歯科治療中の方がより前向きに治療に取り組んでいただくことを目的として、日本臨床矯正歯科医会が2005年より実施しています。

今回は「ただいま矯正治療中! とっておきの笑顔」というテーマのもと、全国からたくさんの方々にご応募いただきました。

一次審査の結果、310作品の中から11作品が入賞作品として選ばれました。 さらに、ここから最終選考として、みなさまの投票によって最優秀賞をはじめとする各受賞作品が決定しました。

最優秀賞『地震なんかに負けないぞ』 掛須 悠由さん(熊本県在住)

最優秀賞『地震なんかに負けないぞ』 掛須 悠由さん
【応募コメント】
熊本地震後に自宅前で撮影。被害は大きかったけど歯並びも街並みも綺麗にする事を目標に兄妹で力を合わせてニッコリ笑顔で頑張るぞ。

優秀賞『夏のアスレチック』 小木戸 胡春さん(広島県在住)

優秀賞『夏のアスレチック』 小木戸 胡春さん
【応募コメント】
治療を始めた頃は心配も多かったですが、とても前向きに頑張っています。大声でよく笑う子です。

優秀賞『自慢の矯正装置』 飯伏 莉沙さん(大阪府在住)

優秀賞『自慢の矯正装置』 飯伏 莉沙さん
【応募コメント】
コンプレックスだったわたしの歯並びを綺麗にしてくれた、自慢の矯正装置。最初は抵抗があったけれど、いつの間にか人の目が気にならなくなりました。今では夢の国でだって、大きく口を開けて笑えます!

大会賞『自慢の笑顔』 村上 のの子さん(千葉県在住)

大会賞『自慢の笑顔』 村上 のの子さん
【応募コメント】
矯正治療を始めて2年以上経ちました。写真を見て振り返ると、きれいな歯並びになったと感じます。自分の笑顔と歯を見ると嬉しくて、鏡を眺めることが日課になっています。治療が終わる日がとても楽しみです。


第12回「ブレスマ」入賞作品

01 作品タイトル:「自慢の矯正装置」
R.Iさん(22歳)
●応募コメント:コンプレックスだったわたしの歯並びを綺麗にしてくれた、自慢の矯正装置。最初は抵抗があったけれど、いつの間にか人の目が気にならなくなりました。今では夢の国でだって、大きく口を開けて笑えます!
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


02 作品タイトル:「お手入れはしっかりと!」
C.Nさん(33歳)
●応募コメント:ずっとコンプレックスだった歯並びですが、ようやく矯正治療が実現!治療中でもいっぱい笑ってモリモリ食べて、寝る前は特にしっかり歯磨き。装置を外してもピカピカの歯と笑顔でいれますように!
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


03 作品タイトル:「目指せ東京五輪」
K.Nさん(9歳)
●応募コメント:施術前はイメージだけで、親と子供共に施術することに不安でしたが、実際やってみると、こんなに簡単にできるんだといった感じです。歯磨きのやり方もすぐに慣れていまでは全く気にならなくなりました!歯並びと笑顔についてのコメント:笑顔で人の見た目の印象が変わります。歯並び悪い人といい人の笑ったときのさわやかさは初対面で会った人はその後のイメージを左右すると言っても過言ではないと思います。また歯並びは噛み合わせなどにも影響し、スポーツ選手にとっては、致命的であることから、矯正の必要性はかなり高いものだということがわかります。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


04 作品タイトル:「華の女子高生!!」
T.Uさん(15歳)
●応募コメント:最初は矯正器具をつけている自分の姿を見られるのが嫌だったけど、今では自満するように笑顔で見せています。おかげで、教室でも部活でも毎日楽しく過ごせています。これからもキレイな歯並びになるのを楽しみに、勉強も部活も頑張ります。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


05 作品タイトル:「仲良し3人組でビックスマイル」
R.Sさん(32歳)
●応募コメント:仲良し同期3人組で始めた矯正。矯正では時々痛む、歯に物が挟まる、歯ブラシが大変など不便な事もあるけど、徐々にキレイになってく歯を見ると嬉しくなります。今では自信を持ってビックスマイル出来る日を心待ちにしてます。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


06 作品タイトル:「地震なんかに負けないぞ」
Y.Kさん(11歳)
●応募コメント:熊本地震後に自宅前で撮影。被害は大きかったけど歯並びも街並みも綺麗にする事を目標に兄妹で力を合わせてニッコリ笑顔で頑張るぞ。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


07 作品タイトル:「野球も矯正も頑張ってます‼」
J.Hさん(8歳)
●応募コメント:息子は、奥歯の乳歯が早く抜けてしまったのと、若干受け口気味な事もあり治療を始めました。息子は野球をやってますので奥歯は踏ん張るのに大事ですし、シャイな息子は、はにかんだ笑顔が特徴なので矯正中も沢山、その笑顔を見せて欲しいです。父としてはいつの日か息子が治療を終えて、野球で日焼けした肌に真っ白いキレイな歯で笑える日が来ることを願っております。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


08 作品タイトル:「おそろいスマイル」
M.Aさん(28歳)
●応募コメント:矯正を始めるか迷っていることを彼に話したら、彼もやってみたいと。遠距離ですが、お互いに矯正の近況報告しながら、励まし合いながら頑張っています!最高の笑顔で結婚式を挙げたいです!
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


09 作品タイトル:「3兄弟」
K.Hさん(15歳)
●応募コメント:初めは、した方がいいいのか、はっきり分からなかったけど、年を経るにあたり、少し手間に思ったりもしましたが、良い歯並びになるのが目に見えてみえ、治療前のままだったらと思うと、唇もきちんと閉じるし、りすの様にもなってないので、本当によかったです。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


10 作品タイトル:「夏!スマイル!」
Y.Kさん(13歳)
●応募コメント:矯正治療を始めて2年が経ちました。目に見えてキレイになっていく自分の歯。鏡を見るのが嬉しくて仕方ありません。ブラケットを付けていても、この自信の笑顔!痛い時もあるけれど、キレイな歯並びの為に、月一回の治療を頑張っていこうと思います。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


11 作品タイトル:「夏のアスレチック」
K.Kさん(13歳)
●応募コメント:治療を始めた頃は心配も多かったですが、とても前向きに頑張っています。大声でよく笑う子です。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


お問合せ先
共同ピーアール株式会社 PRアカウント本部4局 担当:大須賀、北条
電話:03-3571-5238
矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. 2016年10月23日 - 2016年10月29日