2016年12月 8日

第12回ブレーススマイルコンテスト受賞作品発表

2016年12月8日

第12回ブレーススマイルコンテスト受賞作品発表
~最優秀賞は、掛須 悠由さん『地震なんかに負けないぞ』~

公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会

矯正歯科専門開業医の全国組織である日本臨床矯正歯科医会(会長:富永雪穂)では、矯正歯科治療中の方を対象とした笑顔のフォトコンテスト「第12回ブレーススマイルコンテスト」の受賞作品を決定しました。
今回は、「ただいま矯正治療中! とっておきの笑顔」をテーマに、全国の3歳から54歳までの幅広い年齢層から310作品と多くの応募がありました。第1次選考、第2次選考と厳正な審査の結果、「最優秀賞」に輝いたのは、熊本県在住の掛須 悠由さん(11歳)の『地震なんかに負けないぞ』でした。また、「優秀賞」には、小木戸 胡春さん(広島県在住)と飯伏 莉沙さん(大阪府在住)、そして、大会賞には村上 のの子さん(千葉県在住)が選ばれました。なお、表彰式は、2017年2月22日(水)にヒルトン成田(千葉県成田市)で開催いたします。

最優秀賞『地震なんかに負けないぞ』 掛須 悠由さん(熊本県在住)

最優秀賞『地震なんかに負けないぞ』 掛須 悠由さん
【応募コメント】
熊本地震後に自宅前で撮影。被害は大きかったけど歯並びも街並みも綺麗にする事を目標に兄妹で力を合わせてニッコリ笑顔で頑張るぞ。

優秀賞『夏のアスレチック』 小木戸 胡春さん(広島県在住)

優秀賞『夏のアスレチック』 小木戸 胡春さん
【応募コメント】
治療を始めた頃は心配も多かったですが、とても前向きに頑張っています。大声でよく笑う子です。

優秀賞『自慢の矯正装置』 飯伏 莉沙さん(大阪府在住)

優秀賞『自慢の矯正装置』 飯伏 莉沙さん
【応募コメント】
コンプレックスだったわたしの歯並びを綺麗にしてくれた、自慢の矯正装置。最初は抵抗があったけれど、いつの間にか人の目が気にならなくなりました。今では夢の国でだって、大きく口を開けて笑えます!

大会賞『自慢の笑顔』 村上 のの子さん(千葉県在住)

大会賞『自慢の笑顔』 村上 のの子さん
【応募コメント】
矯正治療を始めて2年以上経ちました。写真を見て振り返ると、きれいな歯並びになったと感じます。自分の笑顔と歯を見ると嬉しくて、鏡を眺めることが日課になっています。治療が終わる日がとても楽しみです。

第12回ブレーススマイルコンテストの概要
1 テーマ 「ただいま矯正治療中! とっておきの笑顔」
2 募集期間 2016年6月1日(水)から8月31日(水)まで
3 応募条件 応募者が矯正歯科治療中の方
4 表彰式 2017年2月22日(水)
ヒルトン成田(千葉県成田市)
5 応募総数 310作品
6   賞  最優秀賞1作品
優秀賞2作品
大会賞1作品
7 主 催 公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
日本歯科矯正器材協議会

第45回日本臨床矯正歯科医会 岡山大会 Web申し込みはこちら

矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. 2016年12月