医師・医療関係者の皆様へ

矯正歯科治療は一般的に自費診療ですが、厚生労働省が定めた特定の症状に限って健康保険が適用されます。近年、矯正歯科治療に関する保険適応が徐々に増えてきています。
しかし、このことはまだあまり周知されていません。
以下の疾患は、歯科矯正診断料算定の施設基準を満たしている医療機関にて保険診療が適応となっておりますので、患者さんへ周知にご協力いただきますよう、お願いいたします。

(適応疾患名 50 音順)
・ウイリアムズ症候群
・エリス・ヴァン・クレベルド症候群
・外胚葉異形成症
・顎変形症(注)
・カブキ症候群
・顔面半側肥大症
・顔面裂
・偽性低アルドステロン症(ゴードン症候群)
・基底細胞母斑症候群
・口-顔-指症候群
・口笛顔貌症候群
・クラインフェルター症候群
・グリコサミノグリカン代謝障害(ムコ多糖症)
・クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
・骨形成不全症
・ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む)
・鎖骨・頭蓋骨異形成症
・色素失調症
・小舌症
・唇顎口蓋裂
・神経線維腫症
・スティックラー症候群
・成長ホルモン分泌不全性低身長症
・常染色体欠失症候群
・全前脳(胞)症
・先天性ミオパチー(先天性筋ジストロフィーを含む)
・ソトス症候群
・大理石骨病
・ダウン症候群
・ターナー症候群
・チャージ症候群
・頭蓋骨癒合症(クルーゾン症候群、尖頭合指症を含む)
・トリチャーコリンズ症候群
・軟骨形成不全症
・ヌーナン症候群
・濃化異骨症
・ピエールロバン症候群
・ビンダー症候群
・プラダーウィリー症候群
・ベックウィズ・ヴィートマン症候群
・ポリエックス症候群
・マーシャル症候群
・マルファン症候群
・メービウス症候群
・ラーセン症候群
・ラッセルシルバー症候群
・ルビンスタイン-ティビ症候群
・リング18症候群
・リンパ管腫
・6歯以上の先天性部分(性)無歯症
・ロンベルグ症候群
・ほか39疾患(略)

(注)顎変形症は顎口腔機能診断料算定の施設基準も満たしている必要があります。
(平成28年4月1日時点の情報です。適応疾患に関する最新情報は日本臨床矯正歯科医会のホームページをご参照ください。)

保険周知パンフレット

矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更