Q10不正咬合(歯並びなど)は遺伝しますか?(基本的な疑問)

ある種の不正咬合は遺伝的要因によって形成されることがあります。
例えば、歯の大きさと歯を並べる骨の大きさの不調和が遺伝すると、親子そろって歯並びが凸凹になったりすることがあります。また、上あごの骨と下あごの骨の大きさや形の不調和が遺伝すると、親子そろって骨格的な出歯の顔立ちになったり、あるいは骨格的な受け口の顔立ちになったりすることがあります。

矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. Q10不正咬合(歯並びなど)は遺伝しますか?(基本的な疑問)