Q1矯正装置をつけてスポーツや楽器の演奏はできますか?(治療期間・治療費)

基本的には可能です。ただし、激しい格闘技や一部の木管楽器・金管楽器などは不正咬合の治療に妨げとなる場合があります。具体的なことについては、お近くの矯正歯科を専門とする医院にご相談ください。

矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. Q1矯正装置をつけてスポーツや楽器の演奏はできますか?(治療期間・治療費)