2016年10月28日

「上顎前歯が突出した小児に対する早期治療(※)」に対する本会の見解

先般「上の前歯が出ている子どもは、永久歯が生えそろうまでは、矯正歯科治療を行わないことを強く推奨します」としたガイドラインが発表されました。すでに矯正歯科治療中、あるいはこれから治療を予定されているお子様のご家族の中には混乱や不安を感じる方々もおられるようです。しかしながら、実際に日本のみならず海外でも、上顎前歯が突出した小児に対する早期矯正治療は行われており、良好な結果を得ています。そのためには矯正歯科医が充分に精査診断し、早期治療の必要性と効果を適切に診断した上で長期的な治療計画のもとに治療を行うことが重要です。

前述のガイドラインは過去に発表された上顎前突の治療に関する科学論文の医学的データを基に作成されましたが、矯正歯科の分野はデータを得るための条件の統一等が難しく、現時点では十分な根拠(ランダム化比較試験に基づくエビデンス)がないことも明らかになっています。特に日本人の研究結果を掲載した科学論文は不足しており、この状況から得られたガイドラインは、わが国の矯正歯科治療の実態にはそぐわないと考えざるを得ません。
矯正歯科治療の開始時期は矯正歯科医が患者さん一人一人の症状や心理的側面、生活背景なども見極めて個別に判断する必要があります。そのため「この症状に対してはこの時期に治療を開始しなければならない」といったことはありません。多様な病態を持つ上顎前突をひとくくりに考えずに、矯正歯科医による十分な精査・診断により、その必要性、治療開始時期が選定されるべきです。従って専門教育研修を受け、豊かな経験を有する矯正歯科医が、適切な検査の後に早期治療の必要性があると診断し、十分な説明と患者と保護者の同意を得た上で行うのであれば、上顎前歯が突出した小児に対する早期矯正治療を行うことに問題はないと考えています。
一方、巷で行われている「早期治療」と称されるものには残念ながら十分な検査や矯正歯科医による診断、長期的な治療計画に基づかないものも見受けられます。現在受けられている治療の必要性と治療開始時期等に関して不安を感じている皆様には、本会会員をはじめとする矯正歯科専門開業医あるいは大学病院矯正歯科でのご相談をお勧めいたします。

※早期治療:乳歯の時期や乳歯と永久歯が混じり合う時期に、あごの成長を見ながら咬み合わせやあごの成長のコントロールなどを行う矯正歯科治療。

2016年10月24日

第12回「ブレスマ」入賞作品発表

「第12回ブレーススマイルコンテスト」最終選考投票期間は終了いたしました。
最終選考へのご協力、ありがとうございました。

矯正歯科治療中の方を対象にした笑顔のフォトコンテスト「第12回 ブレース スマイル コンテスト」(主催:公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会、日本歯科矯正器材協議会)の受賞作品が決定しました。

本コンテストは、矯正歯科治療中の方がより前向きに治療に取り組んでいただくことを目的として、日本臨床矯正歯科医会が2005年より実施しています。

今回は「ただいま矯正治療中! とっておきの笑顔」というテーマのもと、全国からたくさんの方々にご応募いただきました。

一次審査の結果、310作品の中から11作品が入賞作品として選ばれました。 さらに、ここから最終選考として、みなさまの投票によって最優秀賞をはじめとする各受賞作品が決定しました。

最優秀賞『地震なんかに負けないぞ』 掛須 悠由さん(熊本県在住)

最優秀賞『地震なんかに負けないぞ』 掛須 悠由さん
【応募コメント】
熊本地震後に自宅前で撮影。被害は大きかったけど歯並びも街並みも綺麗にする事を目標に兄妹で力を合わせてニッコリ笑顔で頑張るぞ。

優秀賞『夏のアスレチック』 小木戸 胡春さん(広島県在住)

優秀賞『夏のアスレチック』 小木戸 胡春さん
【応募コメント】
治療を始めた頃は心配も多かったですが、とても前向きに頑張っています。大声でよく笑う子です。

優秀賞『自慢の矯正装置』 飯伏 莉沙さん(大阪府在住)

優秀賞『自慢の矯正装置』 飯伏 莉沙さん
【応募コメント】
コンプレックスだったわたしの歯並びを綺麗にしてくれた、自慢の矯正装置。最初は抵抗があったけれど、いつの間にか人の目が気にならなくなりました。今では夢の国でだって、大きく口を開けて笑えます!

大会賞『自慢の笑顔』 村上 のの子さん(千葉県在住)

大会賞『自慢の笑顔』 村上 のの子さん
【応募コメント】
矯正治療を始めて2年以上経ちました。写真を見て振り返ると、きれいな歯並びになったと感じます。自分の笑顔と歯を見ると嬉しくて、鏡を眺めることが日課になっています。治療が終わる日がとても楽しみです。


第12回「ブレスマ」入賞作品

01 作品タイトル:「自慢の矯正装置」
R.Iさん(22歳)
●応募コメント:コンプレックスだったわたしの歯並びを綺麗にしてくれた、自慢の矯正装置。最初は抵抗があったけれど、いつの間にか人の目が気にならなくなりました。今では夢の国でだって、大きく口を開けて笑えます!
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


02 作品タイトル:「お手入れはしっかりと!」
C.Nさん(33歳)
●応募コメント:ずっとコンプレックスだった歯並びですが、ようやく矯正治療が実現!治療中でもいっぱい笑ってモリモリ食べて、寝る前は特にしっかり歯磨き。装置を外してもピカピカの歯と笑顔でいれますように!
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


03 作品タイトル:「目指せ東京五輪」
K.Nさん(9歳)
●応募コメント:施術前はイメージだけで、親と子供共に施術することに不安でしたが、実際やってみると、こんなに簡単にできるんだといった感じです。歯磨きのやり方もすぐに慣れていまでは全く気にならなくなりました!歯並びと笑顔についてのコメント:笑顔で人の見た目の印象が変わります。歯並び悪い人といい人の笑ったときのさわやかさは初対面で会った人はその後のイメージを左右すると言っても過言ではないと思います。また歯並びは噛み合わせなどにも影響し、スポーツ選手にとっては、致命的であることから、矯正の必要性はかなり高いものだということがわかります。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


04 作品タイトル:「華の女子高生!!」
T.Uさん(15歳)
●応募コメント:最初は矯正器具をつけている自分の姿を見られるのが嫌だったけど、今では自満するように笑顔で見せています。おかげで、教室でも部活でも毎日楽しく過ごせています。これからもキレイな歯並びになるのを楽しみに、勉強も部活も頑張ります。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


05 作品タイトル:「仲良し3人組でビックスマイル」
R.Sさん(32歳)
●応募コメント:仲良し同期3人組で始めた矯正。矯正では時々痛む、歯に物が挟まる、歯ブラシが大変など不便な事もあるけど、徐々にキレイになってく歯を見ると嬉しくなります。今では自信を持ってビックスマイル出来る日を心待ちにしてます。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


06 作品タイトル:「地震なんかに負けないぞ」
Y.Kさん(11歳)
●応募コメント:熊本地震後に自宅前で撮影。被害は大きかったけど歯並びも街並みも綺麗にする事を目標に兄妹で力を合わせてニッコリ笑顔で頑張るぞ。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


07 作品タイトル:「野球も矯正も頑張ってます‼」
J.Hさん(8歳)
●応募コメント:息子は、奥歯の乳歯が早く抜けてしまったのと、若干受け口気味な事もあり治療を始めました。息子は野球をやってますので奥歯は踏ん張るのに大事ですし、シャイな息子は、はにかんだ笑顔が特徴なので矯正中も沢山、その笑顔を見せて欲しいです。父としてはいつの日か息子が治療を終えて、野球で日焼けした肌に真っ白いキレイな歯で笑える日が来ることを願っております。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


08 作品タイトル:「おそろいスマイル」
M.Aさん(28歳)
●応募コメント:矯正を始めるか迷っていることを彼に話したら、彼もやってみたいと。遠距離ですが、お互いに矯正の近況報告しながら、励まし合いながら頑張っています!最高の笑顔で結婚式を挙げたいです!
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


09 作品タイトル:「3兄弟」
K.Hさん(15歳)
●応募コメント:初めは、した方がいいいのか、はっきり分からなかったけど、年を経るにあたり、少し手間に思ったりもしましたが、良い歯並びになるのが目に見えてみえ、治療前のままだったらと思うと、唇もきちんと閉じるし、りすの様にもなってないので、本当によかったです。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


10 作品タイトル:「夏!スマイル!」
Y.Kさん(13歳)
●応募コメント:矯正治療を始めて2年が経ちました。目に見えてキレイになっていく自分の歯。鏡を見るのが嬉しくて仕方ありません。ブラケットを付けていても、この自信の笑顔!痛い時もあるけれど、キレイな歯並びの為に、月一回の治療を頑張っていこうと思います。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


11 作品タイトル:「夏のアスレチック」
K.Kさん(13歳)
●応募コメント:治療を始めた頃は心配も多かったですが、とても前向きに頑張っています。大声でよく笑う子です。
第12回ブレース スマイル コンテスト1次審査通過者


お問合せ先
共同ピーアール株式会社 PRアカウント本部4局 担当:大須賀、北条
電話:03-3571-5238

2016年10月12日

トレンドウォッチにプロゴルファー宮里優作選手のインタビュー記事が掲載されました

いま知っておきたい矯正歯科の選び方

体のバランスを整えてケガをなくしたい!そのために始めた矯正歯科治療

■宮里優作さんって、どんな人? 宮里優作プロゴルフファンには説明するまでもありませんが、まずはプロフィールからご紹介しましょう。"宮里3兄妹"の次男として1980年に沖縄で生まれた宮里優作さんは、父・優さんの指導のもと3歳からゴルフを始め、ジュニア時代から数々のタイトルを獲得してきました。その腕前は高く評価され、東北福祉大学時代は日本アマチュアゴルフ選手権、日本学生ゴルフ選手権で優勝するなど圧倒的な強さをみせ、なんとプロトーナメントにおいても出場4試合連続でトップ10に入った実績も。 その後、2003年にプロデビュー。しかし、1年目からシードこそ手にするものの、約10年間なかなか優勝には届きませんでした。
宮里優作プロそうした中、宮里プロは2011年2月からの1年半、矯正歯科治療を受けることに。 プロゴルファーとして、今に続く輝きを放ち始めたのは、治療を終えた直後から。印象的なのが、2013年の「JTカップ」での初優勝です。最終18番のロブショットがカップへと吸い込まれた瞬間、感極まって号泣する姿を覚えている方も多いのではないでしょうか。
宮里優作プロその後、翌2014年には開幕戦で2勝目を挙げ、年をまたいでの国内連勝を達成。2015年にもシーズン1勝し、賞金ランクでも2位に。さらに、今年からは選手会会長に就任するなど、国内男子ゴルフ界のリーダーとして注目されているのです。 こうしてみると、矯正歯科治療の前と後でゴルファーとしての活躍ぶりが大きく変化していることがわかります。宮里プロは矯正歯科治療をどのような思いで始めたのか、そしてご自身としては、治療後の変化をどう感じているのか―。 じっくりとお話をうかがいました。
Qまず、矯正歯科治療を始めたきっかけを教えてください 宮里・富永宮里僕はもともと歯が丈夫で、これまでむし歯ができたことは一度もありません。ただ、歯科医院には定期的に通ってメンテナンスを受けていました。そんな僕が矯正歯科治療を始めたのは、2010年にかかりつけの一般歯科医に「一度、治療を考えてみては?」とすすめられたのがきっかけです。以前から、咬み合わせの悪さが気になっていたこともあって、一般歯科医が紹介してくれた矯正歯科医にくわしく説明を受けたうえで治療に踏み切りました。 富永信頼できるかかりつけの一般歯科医から信頼できる矯正歯科医を紹介してもらったというのは、すごくいい方法ですね。ちなみに、咬み合わせが気になっていたということですが、矯正歯科治療を受けたいというお気持ちは以前からおありだったんですか? 宮里いえ、具体的に受けたいとまでは思っていませんでした。ただ、当時ケガが多くて、自分の体のバランスをもっと整えたいとは感じていたんです。そんなときに、矯正歯科医からスポーツをするうえで咬み合わせは大切だということ、咬み合わせが安定しないとケガに直結することなどの説明を受けて、プロとして常に最高のコンディションを保ちたいし、そのためにできることなら何でもやりたいと思っていたので、迷いなく始めることにしました。 Qもともとは、どんな歯並びだったのでしょう? 宮里宮里治療前は、上の2番目の歯(側切歯)2本が中に入り込んでいました。そのせいか、歯を噛みしめたときに奥歯に隙間ができたり、前歯に強く力がかかったり。口の中の力の伝わり方がアンバランスな状態でした。自分の体をコントロールするには、もっと力がうまく伝わる状態でなければいけないので、治療して安定した咬み合わせを手に入れることでケガを防ぎたいという思いが強かったですね。
富永なるほど。では、宮里プロは矯正歯科治療について、ある程度はご存知だったんですね。 宮里いえ、当時は専用の器材を歯につけて動かしていく、くらいの知識しかありませんでした(笑)。ただ、妻が一足先に同じ矯正歯科医のもとで治療を受けることになったので、「じゃあ一緒にやろう」と。 Q治療するにあたって不安などは特にありませんでしたか? 宮里優作プロ宮里矯正歯科の先生からさきほどお話したような説明を受けたあと、X線写真を撮って、治療の流れや期間の説明もきちんと受けたので、特に不安は感じませんでしたね。僕の場合、ツアーで国内外を移動するので、定期的な通院がどうしてもできない可能性があったのですが、先生が「来られるときに来ていいですよ」と言っていただけたのも、ありがたかったです。 富永治療前にきちんとした精密検査を行い、説明に納得したうえで治療を始めるというのは基本であり、とても重要なことです。大人の場合、治療中は月に一度程度の割合で通院することになりますが、急な日程変更に対応してもらえるかどうか、治療期間中に遠方への転勤や転居が生じても転居先の矯正歯科を紹介してもらえるかどうかも、事前に確認しておきたい点です。限られた日時にしか矯正歯科医がいない医院は、そのあたりの対応がよくないかもしれません。常勤として矯正歯科医がいるところを選ぶことが大切ですね。 ★次のページでは、積極的に楽しんだ治療期間についてご紹介!

よくある質問と相談室

よくある質問よくある質問
 「よくある質問」では、これまでに多く寄せられたご質問・疑問・悩みについて、当医会の会員医師がお答えいたします。こちらに載っていないご質問や悩み等ございましたら「矯正歯科何でも相談」コーナーよりお気軽にご相談ください。当医会の社会医療部の担当医がご回答いたします。
矯正歯科何でも相談フォームへ



1.治療先の選び方
歯並びが正常かどうか、専門機関で相談だけでも受けられますか?
歯科、小児歯科、矯正歯科と、たくさん診療科目が出ている診療所のほうがよいのですか?
矯正歯科治療は、どこで受けるのがよいですか?

2.治療の開始時期・治療方法
最初に矯正歯科に相談するのは、何歳くらいがよいのですか?
受け口は早めの治療が大切と聞きましたが、なぜですか?
子どものときから、矯正歯科治療を始めるメリットとは?
受験前に矯正歯科治療をはじめるのは、避けたほうがよいですか?
治療をするうえで、健康な歯を抜くこともあると聞きましたが、それはなぜですか?
矯正装置をつけて金属アレルギーが出ることはありますか?
永久歯が生え揃うまでに、歯並びのよしあしを見分けるにはどうすればよいですか?
口唇(こうしん)・口蓋裂(こうがいれつ)の矯正歯科治療はいつから始めるのがよいですか?

3.治療期間・費用
子どものうちに矯正歯科治療をはじめると、治療期間が長くなるのでは?
治療費の目安はどれくらいですか?
健康保険はまったく利かないのでしょうか?
税金の医療費控除を受けるには、どうすればよいですか?

4.治療中の生活
治療を始めるにあたって、親としてどんなことに気をつければよいでしょうか?
歯が動くときの痛みはどの程度ですか?
治療中でも、スポーツや楽器の演奏は普通にできますか?
矯正装置をつけると、発音や食事がしづらいと聞きますが、どの程度でしょうか?



1.治療先の選び方
歯並びが正常かどうか、専門機関で相談だけでも受けられますか?
歯科、口腔外科、矯正歯科と、たくさん診療科目が出ている診療所のほうがよいのですか?
矯正歯科治療は、どこで受けるのがよいですか?
矯正歯科治療と審美治療は、どうちがうのでしょう?

2.治療の開始時期・治療方法
矯正歯科治療は何歳まで受けられますか?
大人の治療は、子どもの矯正歯科治療とどう違うのでしょう?
治療をするうえで、健康な歯を抜くこともあると聞きましたが、それはなぜですか?
矯正装置をつけて金属アレルギーが出ることはありますか?
顎変形症を治すには外科手術が必要だと言われましたが、矯正歯科治療だけでは無理なのでしょうか?
差し歯があっても、矯正歯科治療が受けられますか?

3.治療期間・費用
治療期間はどれくらいですか?
治療費の目安はどれくらいですか?
健康保険はまったく利かないのでしょうか?
税金の医療費控除を受けるには、どうすればよいですか?

4.治療中の生活
矯正装置をつけると、発音や食事がしづらいと聞きますが、どの程度でしょうか?
治療中でも、スポーツや楽器の演奏は普通にできますか?
歯が動くときの痛みはどの程度ですか?
歯並びがよくなると顔つきが変わると聞きましたが、実際にはどのように変わるのでしょう?
治療中に妊娠したら、どうなりますか?

矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. 2016年10月