治療中に妊娠したら、どうなりますか?

よくある質問と相談室

4.治療中の生活
Q. 治療中に妊娠したら、どうなりますか?
A. 矯正装置をつけている段階なら、特別な問題はなにもありません。

 すでに矯正装置をつけて動的治療をしているのであれば、妊娠しても特に差し障りはありません。

 通常は臨月までは通常どおり治療を進め、来院間隔を空けながら出産準備を優先します。しかし、悪阻(つわり)がひどいときや体調がすぐれないとき、または、かかりつけの産婦人科医の指示で安静が必要になった場合には、矯正歯科治療を一時中断することもあります。また、エックス線撮影や処方する薬剤に関しては注意が必要となります。

 矯正歯科治療を再開するのは、出産後、母子ともに落ち着いてからで構いません。

 妊娠前後はホルモンのバランスが変化するため、普段より歯ぐきが腫れやすくなり、むし歯や歯周炎にもかかりやすくなるといわれています。生まれてくる赤ちゃんのためにも、日ごろの歯みがきをていねいに行い、健康な歯を守りましょう。

<<前の質問へ

 
 
矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. 矯正歯科治療のお話
  3. 何でも相談室
  4. 治療中の生活(成人)
  5. 治療中に妊娠したら、どうなりますか?