第11回ブレーススマイルコンテスト受賞作品発表

2015年12月7日

第11回ブレーススマイルコンテスト受賞作品発表
~最優秀賞は、橋本 夏果さん『夏はやっぱりスイカだね~』~

公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会

 矯正歯科専門開業医の全国組織である日本臨床矯正歯科医会(会長:富永雪穂)では、矯正歯科治療中の方を対象とした笑顔のフォトコンテスト「第11回ブレーススマイルコンテスト」の受賞作品を決定しました。
 今回は、「見て!私の歯、私の笑顔」をテーマに、全国の5歳から58歳までの幅広い年齢層から402作品と多くの応募がありました。第1次選考、第2次選考と厳正な審査の結果、「最優秀賞」に輝いたのは、和歌山県在住の橋本 夏果さん(13歳)の『夏はやっぱりスイカだね~』でした。また、「優秀賞」には、 大越 咲由莉さん・仁平 奈穂さん(富山県在住)、伊野 翔真さん(長野県在住 ※「長野大会賞」同時受賞)の2作品が、そのほか「審査員特別賞」が選ばれました。なお、表彰式は、2016年2月24日(水)にホテルメトロポリタン長野(長野県長野市)で開催いたします。

最優秀賞『夏はやっぱりスイカだね~』 橋本 夏果さん(和歌山県在住)

最優秀賞『夏はやっぱりスイカだね~』 橋本 夏果さん
【応募コメント】
徐々に歯並びがきれいになり、毎日鏡をみてウットリします。治療前はなかなか笑顔になれませんでしたが、歯並びがきれいになったら自信をもって笑顔になれると思います。治療が終了する日が楽しみです。

優秀賞『いつもの笑顔』 大越 咲由莉・仁平 奈穂さん(富山県在住)

優秀賞『いつもの笑顔』 大越 咲由莉・仁平 奈穂さん
【応募コメント】
矯正治療を受けた直後は歯を見せて笑顔を作る事に多少のためらいや抵抗がありました。しかし同じ矯正治療を受けている人がとても可愛らしい魅力的な笑顔を自然と皆に見せているのを見て勇気づけられ自信を持って笑顔を見せれる事が出来ました。最近では友達に良くなってきた歯並びについて褒められるようになり矯正治療を受けて良かったと真に思いました。

優秀賞・長野大会賞『仕上げ磨きby弟』 伊野 翔真さん(長野県在住)

優秀賞・長野大会賞『仕上げ磨きby弟』 伊野 翔真さん
【応募コメント】
装置のクッションになるゴムを、毎月一回何色のゴムにするか選んでつけてもらうのが楽しみです。(今月は青です)歯磨きは大変だけど、たまに弟が仕上げ磨きを手伝ってくれるので、がんばってきれいな歯並びになりたいです!

審査員特別賞『Be Happy!~最高の笑顔を~』 横山 和也さん(大阪府在住)

審査員特別賞『Be Happy!~最高の笑顔を~』 横山 和也さん(大阪府在住)
【応募コメント】
2010年に大怪我で車椅子ユーザーになりました。障がい者となり、うつむき加減の日々でしたが、高校生時代に断念した矯正治療の再開を10年ぶりに決意し、自身の結婚式で最高の笑顔を取り戻しました。笑顔は奇跡を起こします!

第11回ブレーススマイルコンテストの概要
1 テーマ 「見て!私の歯、私の笑顔」
2 募集期間 2014年2015年6月1日(月)から9月30日(水)まで
3 応募条件 応募者が矯正歯科治療中の方
4 表彰式 2016年2月24日(水)
ホテルメトロポリタン長野(長野県長野市)
5 応募総数 402作品
6   賞  最優秀賞1作品
優秀賞2作品(うち1作品は長野大会賞同時受賞)
審査員特別賞1作品
7 主 催 公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
日本歯科矯正器材協議会

【本件に関する問い合わせ先】
公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
(広報代行)共同ピーアール株式会社 第10業務局 担当:北条、大須賀
電話 03-3571-5238  FAX 03-3571-5360

第10回ブレーススマイルコンテスト受賞作品発表

2014年12月3日

第10回ブレーススマイルコンテスト受賞作品発表
~最優秀賞は、飯野正太郎さん、優衣さん『2人仲良くビッグスマイル!!』~

公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会

 矯正歯科専門開業医の全国組織である日本臨床矯正歯科医会(会長:富永雪穂)では、矯正歯科治療中の方を対象とした笑顔のフォトコンテスト「第10回ブレーススマイルコンテスト」の受賞作品を決定しました。
 今回は、「未来へ輝く笑顔」をテーマに、全国の3歳から65歳までの幅広い年齢層から379作品と多くの応募がありました。第1次選考、第2次選考と厳正な審査の結果、「最優秀賞」に輝いたのは、東京都在住の飯野正太郎さん、優衣さん(10歳、7歳)の『2人仲良くビッグスマイル!!』でした。また、「優秀賞」には、岡部 文楓さん(大阪府在住)、三富 正規さん(神奈川県在住)の2作品が、そのほか「名古屋大会賞」、「コメント賞」、「審査員特別賞」として各1作品が選ばれました。なお、表彰式は、2015年2月11日(水・祝)に名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)で開催いたします。

最優秀賞『2人仲良くビッグスマイル!!』 飯野正太郎さん、優衣さん(東京都在住)

最優秀賞『2人仲良くビッグスマイル!!』 飯野正太郎さん、優衣さん(東京都在住)
【応募コメント】
今年の春より妹も矯正治療を開始。嫌がるかな?と思ったらお兄ちゃんの治療を見てきたので〝おそろ~い♪〟とむしろ嬉しそう!初めて揃って装着した時の写真なのですが、2人仲良くビッグスマイル!に私も笑顔になりました。

優秀賞『奏でるスマイル』 岡部 文楓さん(大阪府在住)

優秀賞『奏でるスマイル』 岡部 文楓さん(大阪府在住)
【応募コメント】
この春から中学校の吹奏楽部でクラリネットをがんばっています。夏休み前に金属の装置をつけることになり、少し抵抗と不安がありましたが、実際につけてみると演奏中でもあまり気になりませんでした。思いっきりのスマイルで、もっと練習に励みたいです。

優秀賞『還暦への挑戦~ライバルは息子だ!』 三富 正規さん(神奈川県在住)

優秀賞『還暦への挑戦~ライバルは息子だ!』 三富 正規さん(神奈川県在住)
【応募コメント】
学生時代から綺麗な歯の方が羨ましく感じていました。いつかは綺麗な歯を夢見ていたところ息子が始めることになり一緒にチャレンジしようと決意しました。始めて一年・・だいぶ歯並びが整ってきて感動しています。これからの人生の為に頑張ります。

名古屋大会賞『矯正なんて気にしない!』 仲保 歩美 さん(愛知県在住)

名古屋大会賞『矯正なんて気にしない!』 仲保 歩美 さん(愛知県在住)
【応募コメント】
私は歯並びが悪くて、写真を撮る時に自分の歯並びが悪いから恥ずかしくて笑顔で写ることができずにいました。でも矯正して、すごく痛い時とか苦しい時とかもあったけど、矯正の装置がはずれたら、最高の笑顔で写真に写れるので、矯正してよかったです。

コメント賞『やった~三位!』 湯村 光智子 さん(東京都在住)

コメント賞『やった~三位!』 湯村 光智子 さん(東京都在住)
【応募コメント】
ある時知人から「矯正装置より、その歯並びの方が恥ずかしいでしょう」と言われてショックを受け、治療を決意しました。次第にキレイになる口元にワクワクします。趣味のテコンドーは今、型の試合しか出られないので、装置が外れたら組手にも出るのを楽しみにしています。

審査員特別賞『おもしろいボクNO1♡』 飯島 虎 さん(埼玉県在住)

審査員特別賞『おもしろいボクNO1♡』 飯島 虎 さん(埼玉県在住)
【応募コメント】
毎日おもしろい事を言って変がおをして周りを笑顔にしてくれています。これからもっとステキな笑顔を見せてくれるのを楽しんでいくぞ。

第10回ブレーススマイルコンテストの概要
1 テーマ 「未来へ輝く笑顔」
2 募集期間 2014年6月1日(日)から8月31日(日)まで
3 応募条件 応募者が矯正歯科治療中の方
4 表彰式 2015年2月11日(水・祝)
名古屋国際会議場(愛知県名古屋市熱田区)
5 応募総数 379作品
6   賞  最優秀賞1作品、優秀賞2作品、名古屋大会賞1作品、コメント賞1作品、審査員特別賞1作品
7 主 催 公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
日本歯科矯正器材協議会

【本件に関する問い合わせ先】
公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
(広報代行)共同ピーアール株式会社 第10業務局 担当:北条、花上
電話 03-3571-5175  FAX 03-3571-5183

第9回ブレーススマイルコンテスト受賞作品発表

2013年11月29日

第9回ブレーススマイルコンテスト受賞作品発表
~最優秀賞は、山本 俊太朗さん『お口の中もエメラルドグリーン』~

公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会

 矯正歯科専門開業医の全国組織である日本臨床矯正歯科医会(会長:富永雪穂)は2013年11月、矯正歯科治療中の方を対象とした笑顔のフォトコンテスト「第9回ブレーススマイルコンテスト」の受賞作品を発表しました。
 今回は、「希望あふれる笑顔」をテーマに、全国の7歳から66歳までの幅広い年齢層から236作品の応募がありました。第1次選考、第2次選考と厳正な審査の結果、「最優秀賞」に輝いたのは、東京都在住の山本 俊太朗さん(10歳)の『お口の中もエメラルドグリーン』でした。また、「優秀賞」には、袖林 佑希奈さん(岩手県在住)、萩原 宏樹さん(茨城県在住)の2作品が、そのほか「東北大会賞」として1作品が選ばれました。なお、表彰式は、2014年2月12日(水)に仙台国際センター(宮城県仙台市青葉区)で開催いたします。

最優秀賞『お口の中もエメラルドグリーン』 山本 俊太朗 さん(東京都在住)

最優秀賞『お口の中もエメラルドグリーン』 山本 俊太朗 さん(東京都在住)
【応募コメント】
矯正器具もカラーが選べるようになり、先生と相談してクリスマスは赤と緑、お正月は紅白など季節ごとに楽しんでいます。この夏は、お口の中にも沖縄のエメラルドグリーンが広がりました。ニッコリ!

優秀賞『最高の笑顔で、心も体も健康に!』 袖林 佑希奈さん(岩手県在住)

優秀賞『最高の笑顔で、心も体も健康に!』 袖林 佑希奈 さん(岩手県在住)
【応募コメント】
以前は、歯並びの悪い自分に自信が持てませんでした。しかし、矯正を始めてきれいな歯並びに近付くにつれ、少しずつ自分に自信がついてきて、自然と笑顔も増えました!笑顔になると、心にも体にも元気がわいてきます!私は今、人間ドックで働く看護師として、日々皆さんの健康づくりのお手伝いをさせて頂いております。心も体も健康な自分へ導く何よりの秘訣、それは、最高の笑顔!皆さんにそう伝えたいです。

優秀賞『夏休み!!』 萩原 宏樹さん(茨城県在住)

優秀賞『まぶぴー』 熊谷 さくら さん
【応募コメント】
僕の前歯は、90°回転していました。『恐竜の歯』みたいでした。それが、ブレースをつけて、きれいになりました。月に1度付け直す、ブラケットにつけるゴムの色は、毎回ちがう色にしています。治る日が楽しみです。

東北大会賞『ハイ・チーズ』 戸舘 円さん(青森県在住)

東北大会賞『ハイ・チーズ』 戸舘 円さん(青森県在住)
【応募コメント】
最初は不安もありましたが、その度お姉ちゃんのきれいな歯並びを見て私も頑張ろうと思えました。なので全部治してお姉ちゃんの歯並びに負けないくらいきれいにして、また写真を撮りたいです。

第9回ブレーススマイルコンテストの概要
1 テーマ 「希望あふれる笑顔」
2 募集期間 2013年7月12日(金)から9月6日(金)まで
3 応募条件 応募者が矯正歯科治療中の方
4 表彰式 2014年2月12日(水)
仙台国際センター(宮城県仙台市青葉区)
5 応募総数 236作品
6   賞  最優秀賞1作品、優秀賞2作品、東北大会賞1作品
7 主 催 公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
日本歯科矯正器材協議会

【本件に関する問い合わせ先】
公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
(広報代行)共同ピーアール株式会社 第10業務局 担当:北条、花上
電話 03-3571-5175  FAX 03-3571-5183

第8回ブレーススマイルコンテスト受賞作品発表

第8回ブレーススマイルコンテスト受賞作品発表
~最優秀賞は、山本広美さん「北アルプスをめざして!!」~

公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会

矯正歯科専門開業医の全国組織である日本臨床矯正歯科医会(会長:浅井保彦)は2012年11月、矯正歯科治療中の方を対象とした笑顔のフォトコンテスト「第8回ブレーススマイルコンテスト」の受賞作品を発表しました。
 今回は、「がんばる笑顔」をテーマに、全国の5歳から65歳までの幅広い年齢層から248作品の応募がありました。第1次選考、第2次選考と厳正な審査の結果、「最優秀賞」に輝いたのは、大阪府在住の山本広美さん(62歳)の「北アルプスをめざして!!」でした。また、「優秀賞」には、金輪智彰さん(大阪府在住)、熊谷さくらさん(北海道在住)の2作品が、そのほか「東京大会賞」として1作品が選ばれました。なお、表彰式は、2013年2月7日(木)に学術総合センター(東京都千代田区)で開催いたします。

最優秀賞『北アルプスをめざして!!』 山本 広美 さん(大阪府在住)

最優秀賞『北アルプスをめざして!!』 山本 広美 さん
【応募コメント】
60才になってから山登りを始め、身体を動かす事により、何事にも前向きに!
昨年末、矯正歯科にトライ!周りからは、今さらと思われながら、矯正の装置や、歯の微妙な変化を楽しいでいます。そして、北アルプスをめざすトレーニングをしている今日この頃です。

優秀賞『母娘でお揃い!ブレーススマイル。』 金輪 智彰 さん(大阪府在住)

優秀賞『母娘でお揃い!ブレーススマイル。』 金輪 智彰 さん
【応募コメント】
高校生の娘が先に治療を始め、どんどん揃っていくのを見て、私も「えいっ!」と始めました。
当時49歳という年齢で少なからず不安もありましたが、長年のコンプレックスだった歯が揃っていくのをみて、矯正治療を始めてよかったと思っています。娘とは痛みの相談や歯の手入れの相談など励ましあっています。心強い矯正仲間です。

優秀賞『まぶぴー』 熊谷 さくら さん(北海道在住)

優秀賞『まぶぴー』 熊谷 さくら さん
【応募コメント】
兄の運動会で撮影した写真です。まだ矯正をして1年くらいですが治療前より
かわいくなった様な・・・・親ばかです。ごめんなさい。

東京大会賞『矯正に勝つ!』 黒澤 柊子 さん(東京都在住)

東京大会賞『矯正に勝つ!』 黒澤 柊子 さん
【応募コメント】
小学校3年生から矯正をはじめました。大変なことはたくさんありましたが、その中でも空手の組手で矯正器具があたり、こわい思いもしました。
でも最後までやりとげてきれいな歯を手に入れたいです。
そして思い切り組手の試合ができるようになって優勝したいです。

第8回ブレーススマイルコンテストの概要
1 テーマ 「がんばる笑顔」
2 募集期間 2012年7月1日(日)から9月7日(金)まで
3 応募条件 応募者が矯正歯科治療中の方
4 表彰式 2013年2月7日(木)
学術総合センター(東京都千代田区)
5 応募総数 248作品
6   賞  最優秀賞1作品、優秀賞2作品、東京大会賞1作品
7 主 催 公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
8 協  賛 日本歯科矯正器材協議会
矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. 本会の活動・ニュース
  3. ブレーススマイルコンテスト