平成28年度震災孤児・遺児 支援事業

トップイメージ
2016年4月吉日

東日本大震災で孤児・遺児となった方を対象に
平成28年度「震災孤児・遺児支援事業」を実施
~新規矯正歯科治療希望者を無償で治療~

公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会

矯正歯科専門開業医の全国組織である公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会(会長:富永雪穂)は、東日本大震災で孤児(両親を亡くした子ども)・遺児(片親を亡くした子ども)となった方で、新規に矯正歯科治療を希望する方を無償で治療する「震災孤児・遺児支援事業」を実施しております。

本事業は、東日本大震災において親御さんを亡くされ、その後、矯正歯科治療を受けたくても受けられない状況にあるお子さんに対し、当会会員が担当医となり無償での治療を行うものです。当会では、2011年6月より、被災者支援事業として矯正歯科治療が継続困難となった患者さんに対し、会より補助金を提供して当会会員診療所における治療継続支援を実施しました。また2013年度には震災孤児に対する矯正歯科治療の無償支援事業を実施、さらに2014年度より対象者を、震災遺児の方にも広げて支援を行っております。

支援事業の概要は以下の通りです。

■ 支援対象者:東日本大震災により孤児・遺児になられた方(2011年3月11日時点で20歳未満)

■ 支援条件
  1. 治療すべき不正咬合がある方
  2. 日本臨床矯正歯科医会会員診療所に通院できる方
  3. 日本臨床矯正歯科医会の活動に協力していただける方(症例報告への資料提供など)

■ 募集人数:年間5名を上限として募集します。
  ※申請受付後、申請のあった方の口腔内の状況を精査のうえ、優先性の高い方から対象といたします。

■ 支援事業に関するお問い合わせ・申請先:
  公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会 事務局(一般財団法人 口腔保健協会内)
  〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43−9
  TEL 03-3947-8891 FAX 03-3947-8341  e-mail:gakkai6@kokuhoken.or.jp
  または、最寄りの日本臨床矯正歯科医会会員医院までお問い合わせください。
  ※会員医院は、日本臨床矯正歯科医会ホームページ(http://www.jpao.jp/)でも検索可能です。

以上

【本件に関する報道関係者からの問い合わせ先】

東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル 口腔保健協会内
公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会 事務局 担当:澤辺
電話 03-3947-8891  FAX 03-3947-8341
または
(広報代行)共同ピーアール株式会社 第10業務局 担当:北条、大須賀
電話 03-3571-5175  FAX 03-3571-5382

東日本大震災に対するこれまでの支援活動

矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. 本会の活動・ニュース
  3. 支援事業
  4. 平成28年度震災孤児・遺児 支援事業