第9回「ブレース スマイル コンテスト」レポート&インタビュー

第9回「ブレース スマイル コンテスト」レポート&インタビュー

「プレーススマイルコンテスト」表彰式レポート①
歴代の最優秀賞受賞者8名に共通するのは堂々とした輝く笑顔!

■全国から多数のスマイルフォトが集まった
 第9回「ブレース スマイル コンテスト」

全国から多数のスマイルフォトが集まった第9回「ブレース スマイル コンテスト」「ブレース スマイル コンテスト(以下、ブレスマ)」。それは矯正歯科専門開業医の全国組織である公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会(以下、矯正歯科医会)が、矯正歯科治療中の患者さんのスマイルフォトを募集するコンテストです。2005年度にスタートして以来、毎年開催されているブレスマには、毎回ブレース(矯正装置)をつけた笑顔の写真が数多く寄せられています。

第9回目を迎えた2013年度も、「希望あふれる笑顔」というテーマのもと、全国の7歳から66歳という幅広い年齢層の方から236作品ものスマイルフォトが送られてきました。

その中から1次、2次と厳正な審査を行い、最優秀作品と優秀作品、そして大会特別賞を選出。去る2月12日(水)午後2時から、仙台国際センターの大会議室において表彰式が執り行われました。
まずは、その表彰式の様子からご紹介しましょう。

全国から多数のスマイルフォトが集まった第9回「ブレース スマイル コンテスト」

■矯正歯科治療は年齢不問だからこそ

表彰式では、最初に過去の最優秀賞に輝いた作品がステージのスクリーンに大きく映し出されました。

北海道のひまわり畑を背景に弾けるような笑顔を見せる松本さんの作品、生まれたばかりのわが子との幸せそうなツーショットが印象的な松澤さんの作品、そして整ってきた歯並びを鏡で表現した中西さんの作品......。改めて見ると、最優秀賞に輝いたのは、子どもからシニアまでの幅広い世代。その共通項は、どれも"輝くような笑顔"が魅力的だということです。

歴代最優秀受賞作品ギャラリー 歴代最優秀受賞作品ギャラリー

歴代の受賞作品を振り返った後は、昨年の最優秀賞受賞者である山本広美さんから届いた応援メッセージが紹介されました。

letter山本さんからの応援メッセージ

山本さんからの応援メッセージ

昨年、表彰式に出席した山本さんは、とても60代とは思えない若々しい印象の女性でした。
それは単に見た目だけのことではなく、年齢にとらわれず、気になる歯並びを治療して人生をさらに充実させたいという内面の前向きさの表れなのかもしれません。

実際、矯正歯科治療には年齢による制限がありません。歯ぐきの状態がよく、「治療を始めたい」という気持ちがあれば、年代相応の配慮は必要になるものの、いくつになっても治療を受けることができるのです。
「私の受賞によって、そのことがさらに世の中に広まれば」
昨年の表彰式でそう語った山本さんの想いが、この応援メッセージからも感じられました。

★次のページでは第9回ブレスマの受賞者とその作品をご紹介!

第9回ブレスマの受賞者とその作品
矯正歯科何でも相談 会員矯正歯科医が皆様の様々なご質問にお答えします。
転医に関する相談窓口はコチラのフォームから
よくある質問
文字サイズを変更
  1. TOP
  2. 本会の活動・ニュース
  3. トレンドウォッチ
  4. vol.09 第9回ブレスマレポート
  5. 第9回「ブレース スマイル コンテスト」レポート&インタビュー